#469-471

記録を見たら、ブレスレットの新作は、4か月ぶりでした。(汗)

No.469)

男性用です。チベット産のモリオン(黒水晶)をメインにしています。「氣」の入りと出には特別の石を配置しました。写真ではわかりづらいのですが、虹の入ったトルマリンインクォーツ(黒針水晶)を使っています。アメシストも魔除け厄除けの意味があり魂の守護に使っています。

No.470

アクアマリンとモルガナイト、ポイントにはブランデーファントムクォーツというシトリンの濃い色、石の中に天然石の結晶の影が見えます。だからファントム。

心の自由と人生の旅の御守。女性にはピンクベリル=モルガナイトがあれば、もっと良いと思っています。アクアマリンもモルガナイトもベリル系の天然石です。このブレスレットには使用していませんが、黄色味をおびているのは、ヘリオドールと呼ばれます。

No.471

細めのブレスレットです。

天然水晶のビーズのカットの細かさ。

彩るは、ピンクトルマリン。トルマリンは色の数が多い石ですが、高価で、その中でもピンクトルマリンは希少性があり、華やかなのに優しい色で身に着ける人間の心と体を癒してくれます。

留め具はニューホックはロジウム。金具はsilver925です。

3つのブレスレットに共通するのは、厄を避け、良い「氣」をひきつけ、良い「氣」を放出するように組んであります。数秘術で石の数にも意味があります。

思案の2月

どうも、ご無沙汰ばかりですみません。

ワタクシ、このブログを開設してから干支を一巡りしているんですが。

途中、パスワードエラーで再構築したりして、います。

パソコンの設定を弄るのは嫌いじゃないので、その分痛いメにもあっているのに、懲りないヤツです。

で、現在、ブログを閉鎖するか、サーバーを移転するか、考えています。

時間があれば、自分でなんとかできるのですが、そこはプロにお任せした方がなんとかなるのかもしれないと思いつつ、ネットをさすらっております。

プロの技術料はお高い。お高い技術料をかけるほどのブログなのか?

とか。

最近、更新が滞っているのは、今借りているサーバーのPHPというプログラムのバージョンが古くなっており、「更新しろ」「更新しろ」というメッセージが英語で!表示されていることも原因の一つです。お安いサーバーなので、自分で再インストールやアップロードをして、しのいでいましたが、最近の忙しさに紛れて、ためらっております。

ブログの移転も記事数が多くて面倒だ。

再開も、サーバー探しでするのも大変だ。と思いつつ現在探しています。

サーバーの契約は3月の下旬までなので、ある日、突然、お立ちよりくださったときには閉鎖ということも考えられます。

ドメインの更新は11月なので、それまでにはなんとかしたい。

思い切って、ブレスレットのみのサイトを再構築できるのか?

パソコンも買い換えないといけないのか?

久しぶりに天然石をたくさん、仕入れました。

生存確認

ご無沙汰しておりまーす。(汗)

手相見でもなく、天然石アイテムクリエイターでもなく、年末から年明けまで、オラクルカードリーダーをしていました。

調子に乗って暮らしていたら、2月も半ばでした。(大汗)

あまりご無沙汰をしていると、コロナ禍の昨今、心配した友人たちから生存確認のショートメールなどを頂くので、その前に報告をしておきます。

かけもちのバイトも3月は出番が少なめ、この機会に、なんとか溜まっているご依頼の品を製作しお手元に届けることができるよう努めます。

 

おかげさまで老母の体調も、順調です。

そんなことを思っていたら、3月は老母の病院スケジュールがみっちりでした。定期検査、通常診療、色々です。今年は町内会の班長も輪番でやってきたが、来年は役員も回ってきそう?な予感が。

世の中は、確定申告の時期を迎えましたね。

私は掛け持ちバイトしているので、確定申告が必須。

医療費控除の書類をまとめております。

ちりも積もれは、とはよく申しました。通院のバス代も、チリツモです。

コロナ禍ではありましたが昨年は手相見のご新規様が増えたことはとてもありがたいことです。

手相見も、天然石も、オラクルカードも希望される方がいらっしゃる限り、続けていくつもりです。

アストロロジーカード、天体の解説は、次までお待ちください。

 


 

今年もよろしくお願いします。

年末に、2020年の総括をして、翌日に新年のご挨拶をしたかったのですが、手書きの年賀状を書いていたら、こんなに日が経ってしまいました。

寒中お見舞い申し上げます。

ご挨拶が遅くなり、申し訳ございません。

今年もよろしくお願い申し上げます。

私は、言霊を使おうと、今年の年賀状は文字を自筆で書く!と思い立ち、年末も年末から、印刷し、(大汗)空白を文字で埋めました。

そうこうしているうちに、松の内が明け、立春を待つまでとなり、「あけおめ!」から「寒中見舞い」になり、年賀状くじの抽選日前にすべて書き終わりました。

また、昨年末のイベント「2021年開運のポイントを、アストロロジーカードで占う」企画に、予想以上にお申込みいただき、ありがたく、嬉しく存じます。

皆様、ご依頼をありがとうございました。

ブログを記すのは、リーディングが終わってからだ!と思っていたら、思いのほか 時間を要しまして、こんな日にちに。(大汗)

昨日までで、依頼者の方にはすべて、リーディング結果を送信しました。

未着の方いらしたら、お手数ですがご連絡ください。迷惑フォルダに振り分けられていないかご確認ください。

また、メール設定などで送信先の機種で添付写真が読み取れない等もありますので、その場合は、名前を明記せずに、ブログで紹介することも可能です。

どのようにリーディングしたかは、細かくは申し上げられませんが。

まず、一人一人のお名前と居住地を告げて、ハウス(場所)、天体(行動)、星座(性質)を各1枚ずつ引いていきます。引いたカードはその都度、スキャナーで読み取りました。写真も撮影しましたが、見やすさを考慮して、読み取って添付しました。

カードの4隅には、文字が記されています。

それは、文言だったり、天然石の名前だったりします。

ひとつひとつが重要なメッセージです。

まず

アストロロジーカードの ハウス(室)で開運する問題点を読みます。

ざっくりいうと

第1ハウスは自分自身が社会的に見せていく顔

第2ハウスはお金、財産 、持って生まれた才能など

第3ハウスは願望、コミュニケーション、知的活動

第4ハウスは家庭または心の帰る場所

第5ハウスは 遊びや自己表現、願望

第6ハウスは 健康、仕事場や奉仕の場

第7ハウスは 1ハウスの自分に対して、7ハウスは「相手」つまり対人関係

第8ハウス 共有を意味。自分と他者の境界線が無くなります。また遺産を表し、ご先祖様との間で資産を共有している状態です。

第9ハウスは 探求。知らないことを知りたい!

第10ハウスは 社会的な最終目標。天職や適した肩書もこのハウスでみます。

第11ハウスは 人脈やコミュニティー。同じ目的を持つ仲間たちとどのようにかかわっていくのかを読みます。気軽なサークル活動の類もここで見ます。

第12ハウスは 潜在意識。魂、さらにその奥にあるもの。目には見えない秘密のハウス。日常生活のお酒や芸術活動もここでみます。

 

示された問題(開運のポイント)が見えたら、どう行動すればよいのか?これは天体(星)で見ます。

これは次回に続きます。

今年も「たなくじ」太田吉!ゲットしました。

今年の総括その2

今年の総括、おおげさですが、年が明ける前に記すことにしましたs。

上の写真が、アストロロジーカードです。

カードは黄道12宮にそって、ハウス12枚、星座12枚。太陽系の天体12枚、計36枚あります。

解説本を読むと、キーワードの羅列で、この組み合わせ次第で、何通りもの読み方ができると思います。

オラクルカードよりは煩雑かもしれません。

忙しすぎてというか、気ぜわしくて、今年の記憶がはっきりしないのですが

今年は、今までの自分の選択と違う選択肢をいくつも選んできました。

手相見の実数は減っていますが、内容は濃かったような気がします。

毎年、テーマがあるように感じているのですが、今年は「家族」だった気がします。

実生活でも家族、手相見でも家族が頻出していたようです。

人間は、なんだかんだ申しても、魂(心)あっての存在です。

自分の心が喜ばないことをしていると、体や精神が不調になってきますね。

今年は、今までの価値観が変わっていく時代の始まりです。

後の教科書に記される年代ですね。

生きている人間は明日はどうなるかわからない。

去年の今頃は「こんなことに」なっているとは、思っていなかったし、来年の今頃もそう、つぶやいているかもしれません。

今年一年、お世話になった方々、本当にありがとうございます。

長い人生の道のりの「袖すりあうも他生の縁」のような、ありがたみを、実感しております。

☆☆アストロロジーカードで占う開運ポイント☆☆

カードは3種類有り、ハウス(12室)は場所、テーマを表し、

天体(星)は行動を表し、星座(サイン、性質)を表します。

基本は西洋占星術と同じです。

開運のポイント!で各々カードをひくので、コメントを複合して、自分の内面を見つめてください!

料金は、無料で、多数の依頼があった場合は、お時間をいただきます。

待ってもいい、簡単でもいい!という方のみお申込み願います。

私のメアドをご存じの方は、メアドまで。初めての方は

amber☆kurenoren.net

☆を@マークに変えてメールをください。お名前、ご住所(住んでいる県市まで)年齢をお知らせください。

締め切りは1月3日、多数の場合は早く終了します。

よろしくお願いします。

☆☆☆

明日は、抱負? 希望?願望?   を記せれば、いいな。

今年の総括その1

「ブログを更新していませんね」というメールを、チラホラと頂戴している今日この頃、ご心配をおかけして申し訳ないです。生存しています。

一昨年は、私自身の引っ越しがあったのですが、この年末年始は職場の引っ越しが有り、なにかと慌ただしくて、パソコンの前に座ることがなくて、ツイツイと先送りしていたら、なんとぉ

気が付いたら年末じゃありませんか。

 「ポケモンGo!」おめかしピカチュウ出現中。

ワタクシ自身は今日から、年末休暇で、仕事始めは2日です。

おっと、生業は年末休暇ですが、天職(?)手相見は明日もあります。年末はいつもドラマチックなことがあるので、呼ばれれば、拝見することにしているのです。

世間では、静かな年末年始を、とのことですが、我が家では「静かな年末年始」はデフォルトです。

今年は、天然石関係の作成数が一番、少なくなりました。

依頼はいただいているのですが、私自身の「ときめく石」に出会えていないというのが理由です。

気長にお待ちいただいている依頼主様、まさか!年を越すことになるとは、本当に本当に申し訳ないと思います。

ですが、しばらくお時間くださるようお願いもうしあげます。

年明けも手相見、年末も手相見、母の入院手術、私の体の異変→異変が消えたり…、振り返ると、慌ただしくて、記憶にはあまり残っていないという…。

人間とは、忘れ去る生き物なり。

手相見は、思っていたよりも拝見数があったと思います。7年ぶりに拝見できた依頼主様もおりました。数年ぶりにお会いするときは、嬉しいですし、ドキドキすることも。

引っ越ししてから、家具を買わずに、引っ越し業者の箱を使っていたのですが(汗)、ニトリのNクリックシリーズを買って、組み立てたりして。

しかしながら、紙類の多さよ。

さて、

毎年恒例、カードによる開運ポイントは

アストロロジーカードで占いたいと思います!

写真は、ダイス(十二面体サイコロ)ですが、このダイスがカードになったものです。

カードは3種類有り、ハウス(12室)は場所、テーマを表し、

天体(星)は行動を表し、星座(サイン、性質)を表します。

基本は同じです。

開運のポイント!で各々カードをひくので、コメントを総合して、自分の内面を見つめてください!

料金は、無料で、多数の依頼があった場合は、お時間をいただきます。

待ってもいい、簡単でもいい!という方のみお申込み願います。

私のメアドをご存じの方は、メアドまで。初めての方は

amber☆kurenoren.net

☆を@マークに変えてメールをください。お名前、ご住所(住んでいる県市まで)年齢をお知らせください。

締め切りは1月3日、多数の場合は早く終了します。

よろしくお願いします。

 

アメシストドーム

ご無沙汰ばかりな、備忘録にお立ち寄りくださり、ありがとうございます。

先日、図書館で、興味深い風水の本を借りて読みました。

そこで

買ったはいいけれど、しまいこんでいた、風水方位磁石を取り出してみました。

集合住宅の玄関方位に気になることが。

 

風水は少し勉強したことがありましたが、生活に生かしきっているかというと簡単なことしかありません。

転居してきて快適な生活を得たものの、老母の健康状態の件は備忘録にも記したとおりです。

外科手術後の経過は良いのですが、さすがに年齢も年齢だけあって、現在、外科をはじめ4つの病院のお世話になってます。

母も大変ですが、

通院介助するわが身も疲れが溜まってきているのを自覚しています。

できることだけはしておこう、と思い立ち、風水の本で紹介されていた、アメシストドームを購入しました。

皆さんご存じの大きなアメシストドームとは違って

高さ、60ミリ、重さ310グラム。両掌に収まる大きさです。

小さいながらも、内部にたくさんのアメシストの結晶を内包しています。

地元にもアメシストドームを販売しているお店はあるのですが、いずれも大きくて。60センチ前後で7万円前後ぐらいします。

アメシストドームは、玄関や居間、事務室などに置いて、空間を浄化し、良い「気」を呼び込み、受け取る力があるとされています。それゆえ、ドームと呼ばれるものは重量が1㎏から数十㎏単位と大きく、価格も数万から十数万円します。

私の自宅の玄関に、そんな大きな品は、いきなりは玄関に置いてもな。財力もないし。

などと考えながらネットのショップをあちこち見て回ったら、好みの形状、好みの大きさのドームが見つかりました。

小さくともアメシストドーム。

この結晶の美しさよ。いつまでも、ペンライトをあてて、ルーペで見ていたい。

玄関に、飾っておこうと思います。

老母は、術後の状態も良く、通院はあちこちしていますが、いずれも軽症です。周りの人々のお世話になり、運の良さを感じているところです。

右腕にあったものの、抜け落ちていた福毛も、また伸びてきました。

私の甲状腺の腫れも、一時はピンポン玉か!ってなくらい腫れていたのに、ひいてからは、再発していません。

病院の先生も、原因がつかめないまま。

私は自分自身のエネルギーのかたまりだったのかも、と思えてきました。

大げさかもしれないけれど、大小奇跡体験をした2020年の秋でした。

図書館で手にした風水の本は、市民からの寄贈品でした。漫画で分かりやすかったです。

 

charm!チャーム!!

すっかり、日没が早くなりました。

今日は、チャームを二つ、作りました。

名札に付ける、お守り用。

宝石質のアメシストやピンクトパーズ、シトリンでまとめた、魔法陣です。

次は、名札よりも大きい、バッグ用。

オニキスでかたどった、花の中心には白メノウ。左には、赤メノウとミルキークォーツ、右にはガーデンクォーツ、ディープローズクォーツ。

 

二つのエネルギーをまとめるのは、ラピスラズリ、とターコイズ。そして

11月の誕生石のブルートパーズです。

今回も依頼品ですが、作るにあたって、確信したことがあります。

これは、信じていただかなくて構わないのですが。

石を扱うとき、「降りてくるもの」がないと石を組めない。石のエネルギーを通して、「出現するもの」がなければ、私は石を組めないのです。

石を前にして「石の聲(こえ)が聞こえてくる」あるいは「降りてくる」なにかがなければ、チャームもブレスレットもそのほかも、形になってこないということです。

今までは石のエネルギーを追いかけてきたけれど、石がもたらすエネルギー、聲を総合して組んでいくことになるようです。

商いに向かない人間です。今さらか…。

この身体とともに

多くの方にご心配いただきまして、メールやご連絡をいただき、感謝申し上げます。

先日、体調が悪いので、行きつけの内科から、総合病院に紹介状をいただいて、診察してもらうことにした。

数値上は、確かに持病の数値を示しているが、私の訴える体調を完治させることはできないということだ。

私的には、数年前から体調が悪いので、ドキドキしていたのだが。考えてみれば、最初に診断された時から、波はあったが絶好調ではなかった。

結果、対症療法しか残っていない、と告げられた。

筋肉に痛みが出たら痛み止め。

倦怠感には、市販の栄養剤で対処し、ストレスを貯めないようにするしかない。

今の総合病院でできるのは、治療ではなくて、癌検査くらいしかない。ということで、終了。

内科的も気になる数値はあるので、これからは内科クリニックで診察を受け、今回の老母のように「異常値」が出たら、改めて総合病院で診てもらうこととした。

そして、将来的には治療を必要としないならば、地元の病院で養生することにする。

 (空に低空飛行のヘリコプターが周回していたので撮影)

私の体の不調は回復しない。

不調な体も私自身。

私の個性の一部、体の一部と考えれば、調子を見ながら、労わりながら暮らしていける。

それはそれでありがたいことだと思える。

実は私、数年前に知り合ったヒーラーから、ヒーラーエネルギーを伝授されている。

ヒーラーは自分自身を癒せないと聞いたので、今回は、もう亡くなられた有名なヒーラーさんにのエネルギーにすがってみた。宗教がらみではない。念のため。

その甲斐があったのか、甲状腺の半径ピンポン玉大の腫れはひいて、周辺の人も驚いた。

私も驚いた。医師にも原因はわからないという。推察だけ告げられた。「大きくなったり、小さくなったりするんですよ」

エコーの検査の結果。甲状腺は少し大きくなっていたが、血液検査は異状なし。

腫れの半径はピンポン玉大ではなくなった。

あの腫れはどこに消えたのか。

確かに、周辺を驚かせた腫れはひいた。エネルギーの一部が溜まっていて、抜けたように。

オラクルカードで受け取ったメッセージの通りになった。

今回の老母の入院、私の体調不良。それはブログでも良く伝えている「運気の変わり目」を表していたのだろうと思う。

もっと、自分自身のエネルギーに目を向け、自分のエネルギーを体感する。

この身体と生きていく。

覚悟をもつときが来たのだ。

 

私の話

備忘録なので、記録しておきます。

8月末に、母の血液定期検査の結果、貧血の数値が出て、念のため、ということで再検査を受けることになりました。

同じ頃私は持病のせいか、体調がいまいちで、クリニックに数年ぶりに足を運んでいました。

待合室で、診察に呼ばれたその時、ちょうど母のかかりつけ医院からスマホに連絡がありました。

再検査結果に異状が見られ、専門病院に紹介してくれるという内容でした。検査結果は、ただならぬことを告げていたようです。

いっぽう、私は、十年以上前に甲状腺腫瘍で右葉を切除しており、残る左葉にも腫瘍が残っていて、年に1~2度検診を受けています。

その腫瘍なのか、甲状腺の左葉が急に大きくなってきて、わずかな痛みも感じたたため、母の検査をする総合病院で、診察を受けることにしました。

定期検診は3ケ月前に済ませていましたが、甲状腺にピンポン玉くらいの腫れが見られたからです。

検査の科は予約に空きがなく、診察は3週間後の予約となりました。

母が手術当日、私は病棟で手術が終わるのを待っていたころ、受診予定の耳鼻咽喉科の看護師から、病状についての確認の電話がありました。

私が受診予定の時は、母の、母の手術時には、立ち会っていた私に自分自身の病状の電話が、絶好のタイミングでかかってくるなんて。

そういうめぐり合わせなんだと思いました。

母の手術の後日、私自身の腫瘍の診察があり、念のため、エコー検査することになりました。

甲状腺の腫れに、私は、右葉の腫瘍のため、切除手術を受けた時の経験から、全摘を覚悟しました。 母の退院の後、私が入院となるかも。

また、老母の術後の容態次第では、要介護となるかもしれない。

その時はどうする?

心配事は考えるとキリがありません。

母の例もありますから、即入院といわれた場合も想定して、自分の入院用バッグも用意しておきました。

エコー検査の後、検査結果を聴くのも、科の予約が混んでいるので、1週間後となりました。

ところが! その1週間の間にですね、ピンポン玉の大きさだった甲状腺の腫れが、シュルシュルと縮んでいたのです。驚きました。小さくなるというより、しぼんだという感じ。

違和感を感じてからちょうど2ケ月ほど経っていました。

担当医も、「もともと腫瘍内部は液状なので、大きくなったり、小さくなったりするんです。血液検査も異常がないので、痛みは内出血していたからかもしれませんね」

「これから、大きくなった場合は、しばらくようすを見て、小さくならなかったら、針を刺して調べましょう! 」ということで、要経過観察となりました。手術も入院も、ひとまず無しとなりました。

安堵しました。

9月は母と私両方の病の検査、診察で、有休の半分を消化してしまいました。(汗)有休があってよかった!

この運の良さ(個人の感想です)、生かしていきたいと思っています。

ブログや、人様には言えなかったこと、それは神様(背後霊)への感謝や御礼は、神=紙 専用のノートにいろいろと記しておこうと思います。

あ、まだ持病の診察が1件残っているんだけども。

それは、後日。