#467

ブレスレットの新作は、久しぶりです。作り直しやゴム交換が続いていました。

「神様」が降りてこないと、ブレスレットは組めないということを再認識した品です。

6ミリサイズの珠を選んで組みました。

主役は何といっても、インカローズの5ミリ珠。小さくても高価な希少な石です。

そこにアクアマリンと、ローズ(ピンク)アメシストです、

No.467

インカローズは「大人の女性の石」で、情熱を意味し、対になる位置にアクアマリンのタブレットで、冷静と寛容を意味して配置しました。ローズアメシストは守護を司ります。

居場所を求めて

昨日は春分の日でした。

これから夏至まで、太陽の出ている時間が長くなりますね。

前回の備忘録で、積雪に転びまくった週末を記録しましたが、そのあとの週明けにも、氷で転んで右手首を痛めました。すぐ治ると思ったのですが、予想外に痛みは続いています。手首の捻挫でしょうか。昔、親戚には転んで手首を骨折した大叔母がおりました。骨折しなくて良かったです。指で押したら痛いけど、内出血は見られません。もう2週間すぎたのでこの調子だと全治3週間くらいかな。

備忘録を滞らせている間に、バイト先の面接が続きました。

そういや昔から、仕事が来るときは重なっていたなぁと思います。

新型感染症を封じ込めるため、経済方面にさまざま影響が出ている中、面接してもらえるだけ、お話をいただけただけ ありがたいことです。

しかしながら、生まれて初めて「雇止め」文書というのを受け取りました。

一瞬、背筋が凍りましたが、4月からの組織改編のため、非正規(バイト)は皆受け取っていたようです。おかげさまで、来年度も仕事はありそうだが(まだ内定)、上司が異動することになり、次はないかもと思っています。

西洋占星術で私の今年のテーマは「居場所を見つける」だったと聞いたけど(汗)

週末のバイトも縁があって面接に行きましたが、雇用間に派遣会社が入っているせいか、採否の連絡が来なくて、結果、お断りすることにしました。

こちらは、タイミングが合わずということですね。

今までだったら、きっと無理してでもバイトしていたと思うが、これから時代は変わる。

今までとは違うものを選び取っていくことになるというので、自分的には苦しかったけれど、真逆のほうを選びました。

冷静に考えて バイトを増やすと、安定はするけど、手相見の機会は減るわけだ。そのうえ、色々と提出する書類も増えて、暇が減る。

今でも時間が足りないと言っているのに、仕事を増やすことはない、と背後霊から言われたような気がします。

私には、まだ、やることがあったんだ~。と良いほうに解釈してとブレスレットを直している3連休です。

サーバーの契約も更新したので、あと半年は、備忘録は存在することでしょう。よろしくお願いします。

 

 

3月に雪

気がついたら、3月でした。オラクルカードに、天然石に、手相見。

さすがに手相見は、2月まで依頼を受けていましたが、3月からはお断りしています。理由はコロナウィルス関連の外出自粛です。

私の住む街からも、感染者が出ています。

元旦には積雪のなかったわが街ですが、 3月に入って、雪が降りました。

週末に猛吹雪の中バイト先に出勤したら、私以外のバイトは皆お休みで、近場の私だけが出勤していました。

前住所より現在は通勤距離が3分の一なので距離的には近くなりましたが、除雪車があちこちで稼働しているため、除雪後の道がツルツルで滑ります。その分命懸けの出勤になったような気がします。(汗)

行き帰りに1回ずつ、転倒しました。

朝は、除雪車を前に開脚転倒。

夜の帰宅時には踵から滑って、したたかに背中を打ち付けました。

雪道で転倒し、生死を彷徨った友人や、脊椎を圧迫骨折をした知人もいます。我が老母は、年末に転倒し、右肩を脱臼しましたが、幸い私は打ち身で済みました。

昔、霊感のある人に、「私は何でもないところで転ぶんですけど」と相談したことがあります。

返答は、私はこの世ならぬ空間に足を踏み入れることがあり、そのたびに「向こうの人」が蹴り返してくるから、転ぶんでしょうね、と言われたことがあります。妙に納得した覚えがあります。

某人には「足が地についていないから」とか言われました。常に幽体離脱気味ということか?

今回は雪道だからしかたないか。

蹴り返してくるってことは、まだ、この世にいなくちゃいけないのか。

この冬は、通勤距離も近いし、転ばずに春を迎えられると思ったところに打ち身。それで週末は打ち身の筋肉痛で、ほぼ自宅。

近場の買い出しには出かけましたけど。

日本の神託カードで、現在の「コロナウィルス」について尋ねてみました。私的には納得するカードが出たのですが、ここでの公表は控えます。

今年は西洋占星術でも200年の一度の星回り。社会の在り方、考え方が大きく変わる時期が来た。と聞いていましたが、今回の「コロナウィルス」関係はそんな印象です。

今、いろいろと考えて、皆の知恵を結集し、様々なことが変革していく。後から振り返ったら、ああ、あれがきっかけで、社会が変わったんだよね。とつぶやくような、そんな流れでしょうか。

世界がこんなに近くなっている時代、争うことなく、知恵を出し合い、協力して時代をつなぐことができるのか、今、試されているのかも知れません。

スクラップ アンド ビルド 。

それが戦争や紛争でなくて、良かったと思っています。

とりあえず、食べ物はまだ、ありますし、ミサイルが飛んでくる不安はありません。

このところ、急にブログの閲覧者が増えているのは、皆、私の生存確認か? と思い、転びまくった週末を備忘録に記しておくことにしました。

 

S・S実様へ。今年一年開運のポイント(私信)

S田・S実様へ。先日、スマホアプリの「✙メッセージ」を通して、あなたの「今年一年の開運のポイント」を送信しましたが!ずっと既読にならないので!

ブログ上でお知らせすることにしました。

ご了承くださいませ。

オラクルに使用したカードは「日本の神託カード」日本の神様や精霊などのイメージを宿すカードです。

まずは全景!

左から、「現在」、中央は「今、取り組むべきこと」、右は「総合アドバイス」下段は「サポートポイント」を表します。

「現在」は「無邪気な座敷わらし」 今、無邪気が活性化していないと感じていませんか。まず、「こうすれば、ああなる」という論理的な思考をちょっと忘れましょう。そこから、今までに繰り返しているパターンを見直します。同じことの繰り返しは退屈です。条件付けから自由になってください。

今、取り組むべきこと。「龍神」のカードが示すのは、

あなたの望むものは引寄せられてくるでしょう。心から望むものは言霊に乗せて指令すれば、それを手に入れることができます。口にする言葉には気をつけてください。 否定的な言葉は使わずに。今こそ、大きな夢をみるときです。

「総合アドバイス」 「神々がおりる大地」

まずは、ご近所の鎮守、氏神様にありがとうのエネルギーを伝えてください。神様のエネルギーにつながると、インスピレーションが降りてきます。そうして答えはあなたが自身の叡智とつながることを助けてくれるでしょう。 自己否定や、葛藤に気づいたら、意識して祓いましょう。

「サポートポイント」には「甦りの鳳凰」

鳳凰は死と再生と許しを意味します。あなたは永遠の魂の存在です。

許せないことがあるなら、それにとらわれ続けることはもったいないことです。 すべては永い輪廻転生を通じてバランスを取り戻すための出来事。相手も、自分自身も許して、さっさと自由になってください。

 

以上です。

スマホになれるのを目標に多くの占いをアプリ、メールから送信しましたが、やはりキーボード入力がラクチンでございます。

本日以降は、ブログでお知らせできるものは、お知らせしたいと存じます。

本日はこれにて!

本日以降、ご依頼の方はハンドルネームも併せてくださいませ。

お知らせは、可能なかぎり早くと思いますが、ちょっと立て込んでいるので気長にお待ちいただける方。

よろしくお願いします。

なぜかといえば

雪のない元旦を迎えて、このままではいかないだろうと思っていましたら、雪が降り、2月らしい寒さとなり。

2月は私にとっては四柱推命の天中殺!運気が一番落ち込む月なのだ。

振り返ると、2月は体調不良が多かった。でも昔、2月に手術したときは、お風呂に入れず寒かった思い出がある。

運気の悪い時に、けっこう思いきることもある。魔物が住むようだ。

その2月、今年、私は習い事を始めたのだ!ああ恐ろしい。

先週から、近所の編み物教室に通い始めた。午後1時から2時間で、500円。その日払いの受講料。ワンコイン。

編み物というのは、皆さん、女性ならば、だいたい経験しているでしょう。私も高校生までは、親に習って編んでいた。ただ親の教えが悪いとは言わないが、基本のキを習っていないので、早々に挫折。生涯で編み切ったのはマフラー2本だけ!(棒針で)

ワイヤーニットで石を編み込んでいくのに、「基本のキ」は必要では?と思いたって、同僚を誘って始めることにした。

指運びから、習う。まずは簡単な、かぎ針編みから。

もう、編み物なんてウン十年ぶりなので、初回から、挫折しそう。

指の動きが怪しくて、ついていかない。

編み物記号が頭に入らない。先生の手元を見ても、今ひとつピンとこないまま初回は終了。

教室に飾ってある、美麗なショールを編める日は来るのか?

教材の毛糸を編み、解き、を繰り返して、白い毛糸が薄汚れ、ヨレてきた。さすがにまずいな、と感じて、練習用に100円ショップでアクリル毛糸を購入し、練習中である。

編み物って、性格が出るよね。私の余裕のなさが網目に出てくる。(汗

先生の余裕のあるふんわりとした網目にならない。端の目を見失う。(汗、汗)

編んでいるときは、思考が「空」になる。それが少し心地いい。

編み物の本は、記号やイラストは、いまひとつわかりにくいので、教室は良いと思う。月に2回くらい通えれば良いと思っている。

 

☆☆

「日本のご神託カード」予想以上にお申し込みをいただき、ありがとうございます。時間がかかりますが、カードと馴染むために「開運のポイント」をリーディングします。

予告なしに終了するかもですが、気になる方は、お名前と住所(都道府県、市町村まで)をお知らせください。

お代は無料です。

予定数に達しましたら、お断りする場合もございます。

 

今年のご神託(オラクル)カード

ご無沙汰ばかりで申し訳ない。

大宇宙の辺境の銀河系、そのまた辺境の太陽系、第3惑星 地球に数多あるブログの宇宙のさいはてへ ようこそ。

訪れてくださって感謝申し上げます。

今日は節分。邪気を払い、新しい年の始まりです。

今年、購入したのは、「日本の神様」オラクルカードの第2弾として発売された、「日本の神託カード」53枚 です。

届いたばかりで、なんですが、とてもイラストが私、好みなんですよ。

年末年始と、様々なオラクルカードを探しました。

フェアリーとか、エンジェルとか、はちょっと違う。

以前購入したカタカムナカードもダイレクトなメッセージで読み取れて良かったですが、今年はこれで、自分の背後霊(守護霊)と対話してみようと思います。

私の守護霊との対話の延長線になると思いますが、今年一年の開運のポイントを、占います。

カードは1-3枚引きがメインですが

1.現在(原因)2.現在のアドバイス 3.2を実践することで訪れる未来の展開 4サポート(要となるもの)

あ、4枚引きもアリ!(笑)

引いたカードを一枚一枚スキャンするのは、手間なので、スマホカメラで撮影して、ポイントを付けます。

自分の内面と照らし合わせてみると、意外なものが浮かび上がってくるかもしれません。

本業の傍らで、あまり多くの依頼には応じられませんし、件数によっては時間がかかると思います。

携帯のアドレスでは容量オーバーでメールを受け取れない場合があります。パソコンで見られるアドレスをお知らせください。

送信エラー受信エラーになった場合は

氏名は明示しませんが、ブログでリーディング結果をお知らせする場合もございます。ご了承の上、

それでも良いと、おっしゃる方がいらしたら

名前と住所(市町村まで)を明記のうえ

kurenoren@gmail.comまで。

おひとりにつき1回でお願いします。

またこの受け付けは、予告なく早々に締め切る場合もございます。

 

ワイヤーニット風な

なんとなく、忙しくて、なんとなく月末。現在、絶賛、チャームをリメイク中。

写真は、ワイヤーニットで作った名札用チャームです。

小さな水晶ポイントが中心です。ピンクトパーズ、ペリドット、ターコイズ、ラピスラズリ。ムーンストーンを編み込んでいます。

2020年の予感

休みってのはなんていうか、光陰矢の如し な印象だった。しかし今回の幕開けはいつものそれとは、ちょっと違う。

それは、年末の老母のケガに始まり、遠方の伯母の死去、そして、年明けには、集合住宅のボヤ騒ぎ。

その日は老母の86歳の誕生日であった。

朝から、複数台の消防車のサイレンがけたたましく鳴り響き、「お、新年早々、火事か」なんてぼんやり見ていた。住居の8階の窓から見えるかも。

おっと、バルコニー前の道路に消防車が止まっているぞ。近所か???煙でていないけど?

などと 思っていたら 玄関のチャイムが鳴った。

出てみると、そこには「警察官」が。聞くところによると、「5階から煙が出ているという通報がありました。詳細をただいま調査中です。念のため屋外に避難してください」

三角巾で腕を吊った右腕の不自由な母を連れて階段をおりて、外に出た。 数台の、消防車、パトカーが集合住宅前に到着していて、隣の空き地には「〇〇本部」なんて看板が掲げられている。見上げた集合住宅からは煙も炎も見えず、最近報道で見た「予告なし避難訓練」のようにも思えた。正月で不在者が多いのか?外にいるのは私たちだけだ。

すると、消防署の人が駆け寄ってきてくれて「5階のガス給湯器の故障で煙が出たようです。安全が確認されたので、戻っていただいて大丈夫です」みたいな説明を受けて、部屋に帰宅。

私、戸建て暮らしが長かったので、集合住宅での火災(ではなかったけど)関係は初体験。なにごともなかったので、良かったものの、実際、本当の火事だったら、老母を連れて階段を降りるのは、かなり時間もかかる。5階が炎ボウボウのなら、屋上に逃げるほうが良いのか?

避難階段だから、煙が追ってきてもドアが閉まっていれば大丈夫なのか?

火災保険に入っていてよかったなぁとかいろいろと考えた。

なにより、驚いたのは、自分の住んでいるところが、騒動の元になっているのに当人は気がつかなった。

人間もそうかもしれない。

自分のことをしらないのは自分だけ?とか色々考えさせられた。

なにか慌ただしい 2020年の始まり。

1月なのに、ほとんど積雪がない。この地方では、珍しい。私の記憶の限り、初めてかも。雪が少なすぎて、ちょっと不安。

本年もよろしく

年末の老母の転倒、右肩脱臼!に慌ててどうなることか、とヒヤリとしましたが、なんとか無事に年越しできました。

なにかと、後手後手に回った年末、元旦に年賀状を印刷しているのは、いつものことです。反省!反省。

2回連ねると、嘘くさく感じるのはなぜか。

今回は、デザインを考える余裕がなかったので、郵便局の「御守年賀」というものにしました。

御守の空白部分に、自分で文字を書込というのですが、ランダムに書き込んだのを、発送する段階で、「金運」、「厄除け」「家内安全」とか、あて先の人に合わないかな?と思って結局、十数枚は出せずじまいとなりました。御守の部分の文字は、後で記入すれば良かった。

難しいものですね。

「金運」が多かったのは、自分の願望だと気がついた。

下の写真は、NHK Eテレ番組 「0655 2355 年越しをご一緒にスペシャル」から。2020年の運勢をたなくじでゲットしました。

もう、お休みも半分過ぎてしまった。もっとまったりしたかったのに、できずじまい。なにかと忙しい、休暇後半。

ポケモンGo、まだしています。トレーナーレベル40になったので、やめても良いものなんですが、新機能が実装されて、ついつい。その名も

相棒機能。

相棒のポケモンとコミュニケーションがとれる、っていう機能です。

AR機能で、スマホをとおして風景を見ると、目の前にポケモンが!っていう。

大昔にしていた「ポケットピカチュウ」(ピカチュウの万歩計)のように、おやつをあげたり、撫でたりできるんですわ。

愛猫のかわりに愛でています。

手相見も、天然石も、ポケモンGoも 始めたら粘着質に続けています。

本年もどうぞよろしくお願い申し上げます。

 

今年の総括

今月は、1度しか更新してなくて、気が付いたらもう、2020年が目前でした。師走感が無いまま、年末年始休暇に突入。精神的にくじけそうな気分でいた後半に待ちに待った、年末年始休暇。

半日断食もして修行僧のように、こもってすごそう!のんびり、まったりして過ごそう、年賀状も印刷して、買い物も…なんて考えていたのですが。

28日土曜日の夕方、老母、年明け86歳が散歩の帰路にて転倒し、右肩の関節を脱臼しました。

気が動転した老母は通りがかった女性に、旧居の電話番号しか言えず、女性が電話をかけてくれても、電話がつながらず(当たり前だ)、自力で帰宅しました。

年末の、土曜日の夕方。主治医の医院は閉まっています。

慌てて近くの救急病院に母を連れて行きました。レントゲンの結果は脱臼。救急の医師は脳外科担当だったのですが、出張で来ていた医師が、もう一度駆けつけて来てくれて、二人で施術をした結果、あっという間に関節は戻りました。聞くところによると、関節を戻すときはか・な・り、「痛い」と聞いていましたが、幸い痛みは少なかったようです。

しかしながら、3週間は安静を要するということで三角巾で右腕を保護しての帰宅となりました。

年末の、アレやコレは予定変更。酒宴もなし。静かな年越しになりそうです。

住んでいる市は積雪が例年より少ないとはいえ、凍結路面です。母には無理に散歩に出ず、集合住宅の昇降でやめておけ、と伝えていたのです。とにかく骨折ではなかったので、幸いでした。介助も少なくて済みます。

救急病院に電話をしたとき、「万一、入院が必要な場合、ベッドが空いていないので、特別室、差額ベッドになります」とか言われて、一瞬頭がグルグルしました。しかし、頼りの総合病院は命に係わる状態でないと受け付けてもらえないので、市内の救急対応の病院に行くしかありません。

今回、高齢者の事故は、本当に突然、降ってわいてくるのだと、あらためて思いしりました。

翌29日は、手相見。今年、手相見は、少なめな一年でした。

タイミングが合わないというか、以前ほど積極的に「見る」意識が少なかったかもしれません。その分、濃い内容ばかりだったと思います。

不思議なご縁で拝見するに至った方に始まり、今年の締めに拝見した方には、自分史上最高額の見料を頂戴しました。ご厚意でいただいたのです。最初に拝見した第1号の方よりも、高額な見料です。恐縮しましたが、「お金のエネルギーを拒むな」という教えに則(のっと)り、ありがたく頂戴いたしました。

思えば今までも、年末には、旧居にてストーブが壊れたり、ボイラーがおかしくなったり、トラブルに見舞われるも、人の姿を借りた天使に救われた気がします。今回は、手相見の依頼者も、私にとって天の御使いだったような気がします。お告げの内容は「これからも手相見を続けるように」。

いただいた見料にはそんなエネルギーが宿っている気がしたのです。

今まで、そんなに「夢のような幸運」には縁がないと思っていた私ですが、振り返ってみると、欲しい!と思ってた品、たとえば

レムリアンシードの水晶ポイントや布草履、猫柄の巾着、仕事、蛇の抜け殻、リーディング、ヒーラーの伝授など、必要な時に、欲しかったものが友人たちからプレゼントされていることを。

欲しいもの、けっこう引寄せているんじゃない? と今さらながら気がつきました。本当、今さらで、お恥ずかしい。

ということは、願いかた次第では、もっと大きなものをつかみ取れるのかもしれないじゃないですか。

西洋占星術では、500年、200年に一度の星回り。

これからは今までの物質的なもの、目に見えるものよりも、目に見えないもの、精神的なものに重きが置かれる時代の幕開けです。

人間に生まれて、「想像力」が授けられているのなら、良いことを思い描いて、エネルギーを上げていけるんじゃないかと思う。

落ち込む自分も、落ち込む余力があるってことですよ。

転居して、バイト先も近くなったし、図書館も近くなった。図書館は、リクエストに応えてくれるので、とてもありがたいです。

そして、こんな辺境のブログにお越しいただき、ありがとうございました。

皆さんのおかげで、手相見、天然石のあれこれも続けてこられました。

感謝しかありません。

皆様、良いお年をお迎えください。