必要なときに、必要なことが

最終更新日

手相見はこのところ、依頼がありません。

おかげさまで、天然石関連の仕事が続いています。

よく、「手相を見てもらいたいけど、怖い」と言われることがあります。

そうですね、本当ならば運命の先は知らないのが花です。

でも、知っておけば、その先に自分の意にそぐわない運命が待っていたら

方向転換できるチャンスがあるのです。

「知ってしまった」そのときから運命は変わります。

「怖い」と思っているなら、今は手相を見てもらう時期ではないということです。

未来を思って、真剣ならばそういうことは言っていられない。

「悪いことでも話してください」と言われて拝見することもあります。

でも、「悪いこと」なんて、本当は悪いことではないかもしれません。

次のステップに行くために必要なものだと私は思っているので。

告げられた運命に一喜一憂するより、自力でなんとかしたい、と思ったときに

手にするのが開運グッズ。

私は、天然石でした。

必要なものは必要なときにやってくる。

たとえば、あなたと私が知り合って、手相を拝見するのも

それは、天のお取り計らいです。

ren

手相見歴30年以上、同じく天然石愛好家です。

シェアする