予言されていた今?

最終更新日

手相見で代価(食事代や、おやつ代)をいただくようになったのは、10年くらい前からですが。

きちんと金銭を頂戴するようになって2年くらいになります。

 必要とされたから、頂戴する流れになったのは、不思議なことです。

長いこと、手相を見ることはコミュニケーションツールでしたから。

 

 手相に興味をもったというか、不思議な話が好きだったのは

怪談話好きな叔父の影響があったと思います。

また、曾祖母が「拝み」をしていたという話もあり、それとなく

霊感があるのだという母や叔母が周辺で体験した不思議な話を

聞いて育ったこともあるかもしれません。

 

 そんなわけで、占いも好きな私は10年以上前に近所で有名な

手相占い師の方に見ていただいたことがあります。

あなたは、○○才から裏の仕事が急上昇する…。

 「裏の仕事??」 本業ではないのか orz

さて、言われた年齢に達しました。

手相見が忙しくなるのか…と思っていたら

意外なことにこれは、「ブレスレット作り」でした。

 2008年の後半からドトウのように作る機会に恵まれました。

気がついたら通算50本越えていました。

 

さかのぼって数年前に、霊感リーディングを受けたところ

「これからは才能が開花しますよ」と言われました。

 手相の才能か?と思っていたら、

今思うと、「ブレスレット作り」だったのかもしれません。

 自分では霊感は「0」(零)感か?と思っていたのですが

どうやら、第3の眼で人の人生を見る感性があると言われました。

 他人の人生を見るには、それなりの覚悟が必要だとも。

 だから、仕事としての手相見が少なくなったのは、ある意味良いことなのかも。

でも、見る以上は、覚悟を決めてみていますよ。

 私の作ったブレスレットが運気の転換期に壊れたりする、とか身につけていないと

不安になるくらい愛されるというのは、嬉しいことです。

 先日も、あるお店のオーナーさんから「お店に置いてみない?」

と言っていただけました。

 

とても嬉しいお話でしたが

作っているとき、私は念をこめているような気がします。

 石は意志がある、と言われたことがあります。

特に、ブレスレットのように身につけていただけるものを作るうえは

相手の方に渡るそのイメージが大切だと思うので

これからも注文を受けて作ることにこだわりたいと思います。

 

ren

手相見歴30年以上、同じく天然石愛好家です。

シェアする