あなたのおかげ

最終更新日

小学生の頃、わたしは、クラスで孤立していた。

担任教師に嫌われていたので、そうなったきっかけは担任教師の言動、行動が大きいと今なら言える。

 

両親仲はいつも不和だったし、親はまったく頼りにならなかった。

登校拒否児であり、周辺から後ろ指をさされ、友だちもいない小学生時代であった。

自殺も考えたし、逃げることばかり考えていたが

漫画を描くことが好きだったので、なんとか生きていた。

人付き合いはある意味、技術である。

技術であるという言い方は、味気ないであろうか。

でも、ワンクッションは必要だと思う。

ストレートは正直でいいかもしれない。

でも、ストレートすぎると誤解のもとだ。

天真爛漫 が無神経であったり

気配りが慇懃無礼と紙一重だったり、なかなか人付き合いとは難しい。

人間関係は、相手の行動を深読みしないことが一番の得策である。

たとえば、ある日友情に亀裂が入ったとしても

自分が悪いわけでもないし相手が悪いわけでもない。

ただ、波長が違ってしまっただけ。

 

私は、小学生の頃に

私に関わった同級生、担任教師、両親、親類に感謝する。

もまれて、気付いて、何かを得た。

それは、死を夢想するほど、つらい現実ではあったが、自分なりの

逃げ場所を得て生き延びてきた。

だから今の自分があると実感したから。

人間、年を重ねるごとに、人から直接意見を言われることが少なくなって

気が付かないうちに道がそれていたりするから…。

 

耳の痛いことを言ってくれる友人が傍にいたほうが、本当はありがたいのである。

仲良しこよしでいることだけが、友情でもない。

 

音信不通になった友人へ

「あなたのおかげで今のわたしがあります」と

感謝できるような人間になりたい。

 

やっと、コメント受付できるように設定しました。

承認制ですが、なにかありましたら、いただけると嬉しいです。


ren

手相見歴30年以上、同じく天然石愛好家です。

シェアする