幸運、不運は自分で決める

最終更新日

 

天空の道

昨日、小学校時代のいじめられっこだった時の話をしたが
なんという偶然か、今日、そのときの担任に、会ってしまった。
直接会うのは何十年ぶりかであったが、
これも天のはからいだろうか。

あの頃、苦しくてしかたなかった。つらかった自分を覚えているが
当人を前にして、すこぶる穏やかな心情であったことに驚いた。

「嫌な感覚」がなくなっていたのだ。
きちんと挨拶をして「お元気で」と声をかけ、念じることができた自分に
まったくもって時の流れを感じたし、驚いた。

あなたは、今、自分が不運だと思っているだろうか。

それとも 幸運だと思っているだろうか。

かたわらから見ればそれは逆かもしれない。

世界を見る視点をちょっとズラシテみれば、自分世界は平和になる。

道でつまづいたことでさえ、立ち上がるときに、学びとすれば

力技でも、ご都合主義でも、自分の世界は平和になる。

たとえ、心の底からでなくてもいい、最初は口先だけでもいい。

幸運だと言ってしまえば、あなたから出る波動は

幸運な人になる。

ren

手相見歴30年以上、同じく天然石愛好家です。

シェアする