出来上がり、が始まり

最終更新日

ブレスを作ったりするとき、石選びにも時間がかかります。
ご依頼主のご予算があれば、なおさらです。

希望に合った石を探し選んで、発注して、第一段階。

石が届いたら、選別して、デザインを考えます。
だいたいイメージが固まっているときもあれば、実物を見てから
決める場合も…大げさに言うと「直感」という神が降りてくるのを
待つようなものです。

出来上がったら、全体の仕事の8割は終わりです。

あとの2割は、石の説明を書くことと包装に費やします。
石の波動や石言葉は、調べてみると、けっこういろんな石でかぶっていたり
するのです。
たとえば、恋愛の石の代表はローズクォーツですが
ピンクトルマリンもそうですし紫水晶も恋愛運に用いることもあります。

金運を呼ぶとされる石の代表は、シトリン(黄水晶)ですが
トパーズや琥珀、ルチルクォーツも金運に関係があります。

なぜ、この石を選んだのか。

石が持ち主に働きかけるエネルギーはなにか。
などを調べて、記すときに、第6感を使っているような気がします。

ありがたいことに多少納期が遅れても、つたない私の手書きの
説明書が欲しいと言ってくださるご依頼主も多いので
神経を使います。

石を選ぶところから、依頼主や身に付けてくださる方への
祈りの念がこもり、パワーストーンはパワーストーンと呼ばれるものに
なるのかもしれません。



 

ren

シェアする