占いは自分を客観視するために

最終更新日

6月中は、多忙のため、手相見のご依頼の受付は終了いたしました。
ご迷惑をおかけしますが、あしからずご了承ください。
よろしくお願いします。

最近、天気がすっきりしません。
太陽の光が差さないので、窓辺のサンキャッチャーも虹を映しません。

 毎年、この時期は「寒い」「天気が悪い」とブログに
記していたような気がします。

 私は、占い大好きな人間ですが
占いでも相性というのか、合う占い、合わない占いというのが
あるものです。

 私的に、西洋占星術(星占い)は、あまり当たった印象がありません。
気学(一白水星)とかもあまり・・・。

四柱推命は当たっている気がする。しかし出生時間が曖昧なので
微妙か。

 そこで、霊感占い、今風にいうとスピリチュアルを試してみても
これも霊能力者との相性が関係するので当たる、当たらないは微妙なとこです。

どうしてもリーディングしてくれる人の主観が入ったり、価値観が入ってしまう

からです。

でも、占いは当たる当たらないよりも
自分を客観視する道具として活用するのが一番です。

昔、手相を拝見した女性は、仕事には誠実な方でしたが
不満ばかり口にしていました。

物事のいいところを見ようとしないで、悪いところばかり拾ってくる感じです。
 結局、アドバイスしても、理由をつけて受け入れません。

 そのくせ、自分はツイテイナイ、とか悪いことが続くと言うのですが
自分が引き寄せていることに気づかない。

ちょっともったいないなと思った記憶があります。

 自分の行動を振り返らないと、運気上昇は遠のきます。

最近、周りの人に、”良い言葉”をかけていますか。
否定的な言葉を紡いでいませんか。

言葉は、人を傷つけて落ち込ませることも、また心の支えになることも
あるのです。

 

それから
どんな占いでも、最後は自分の直感が頼りになります。
どんな結果が出ても、自分にピンときたものは受け入れて、
違うのじゃないかな、と思えることは
スル~する。

自分の人生ですから。
占いは予言ではないので、悪いことを言われても
必要以上に怯える必要はないです。

手相もそうです。答えは自分の手のひらに。
自分の深層心理が
選択肢を示しているようなものです。
 考え方を改めれば、劇的に手相は変わるので。

ツイテイナイと言い訳しているうちは
まだ大丈夫。
 せっぱつまれば、どんなことでも試してみようという気になるものです。

 もっと意識的によき言葉、いい言葉を周囲にかけていくと
きっと運気は上昇します。

 おかげさまで、という言葉と気持ちを持つことが
自分の幸運につながると思います。

今日も、読んでくださってありがとうございました。

 

ren

手相見歴30年以上、同じく天然石愛好家です。

シェアする