たまねぎ香る街・・・・

最終更新日

先週の26日のことであるが

地元に雹が降った。

その日はすごく暑くて、暑さに弱い私は、「冷えピタ」を背中に貼って

仕事に臨んだのであるが、冷えピタがほとんど役に立たないほど

暑かった。

 

午後から、少し雨が降ったと思ったら、郊外では雹(ひょう)が降ったらしく

たまねぎ畑を直撃して、葉を折ってしまったらしい。

そのたまねぎの葉の香りが、15キロ離れた市内中心街まで

たまねぎの風となってやってきた。

 

最初、たまねぎの香りを感じたとき、私は、自分が流した汗が匂ってきたのでは

ないか?とビビッたのだが

誰かが「たまねぎのニオイだ」と言い出し

階下の食堂が「たまねぎの料理をしているのでは」という話で

おちついた。

全国ニュースを見なければ、ずっとそう思っていたはずだ。

 

私の住んでいる市は昔、薄荷で世界市場を席巻したが

現在の主力は、たまねぎ、じゃがいも、ビートである。

今は薄荷の生産は、記念館で少しだけだ。

 

たまねぎは、ある程度育っていたのに。

農家の人も「こんなのは初めて」と呆然としていたが

天候に左右されるのが、農業のつらいところである。

しかし、最近、「ここに何十年も暮らしているけど

初めて」と語られる異変が多い気がする。

こんなに、科学が発達しているように見えても

雨も降らせることもできないし、山火事を一発で消せるものもない。

兵器は開発が進むが、天気や自然の前に人類は非力である。

 

地球にやさしく、と思いつつも、不便な生活に戻れるかと尋ねられれば

答えに詰まる。

もうこれくらいで充分です、という気持ちが必要なのかもしれない。

 

ren

手相見歴30年以上、同じく天然石愛好家です。

シェアする