たいせつなのは距離感

最終更新日

手相を見ているのは、希望されるから、見ているのであるが

ときおり、落ち込むこともある。

 

それは、手相を見て、自分なりに誠実に言葉を選んでも

相手に受け入れられないときだ。

見料をいただくようになってから、ある程度それは割り切っているが

友人、知人の立場でアドバイスして相手に届かないときには、落胆する。

 

友人に

「こういうのは、ちょっとやめたほうがいい」とアドバイスして

友人は「そうだね、わかった」と言いながら

数ヶ月後に同じ行為を繰り返していたりすると

もう一度、話す気持ちは萎えている。

相手を友人だと思う気持ちが深ければ、深いほど、それは大きい。

 

だが、待て。

落胆するというのは、自分の言った言葉が正解だと思っているからであって

正解は、人の数ほどあるのだ。

私のアドバイスを受け入れる、入れないは本人の自由だ。

そのことに関して私が心配することはないのだろう。

 

占った相手(お客さん)とは親しい間柄(友人)にはならない。

これは某高名な占い師が、常々気をつけていることだと、以前本で読んだことがある。

 

この距離感こそが、他人の運命の先を読む人間には必要なのだ。

私は、まだまだ覚悟が足りなかったな。

 

手相見の見料をいただいたからには

友人だった相手とも、きちんと距離を持とう。

それは、「情」が入ると、気持ちが乱れるからであり、

冷静に読むためにである。

冷静に読むためには、見料をいただき、依頼主と自分という

距離感をきちんと持っていなければならないからだ。


ren

手相見歴30年以上、同じく天然石愛好家です。

シェアする