探し物

最終更新日

人間、いつも調子がいいってことは理想だけど、ありえない。

時々、疲れている自分に気付いたら、スピリチュアルな占いに走ったりして

ストレスを発散するが、究極の「ブループリントリーディング」を

受けて、自分が何者か、がおぼろげながら見えてきたので

今回は、私に足りないものを探しに、映画館へ足を運んだ。

 

私に今、足りないもの、「ときめき」「ワクワク」だったり

「ハラハラ」だ。

どうせなら、テレビで後々放送されるようなものは、あえて映画館で鑑賞したくは

ないが、どうせなら大スクリーンで見てみたい・・・・ってことで

「ハゲタカ」見てきた。

上映期間終了間近、慌てて!

マネーゲームを描いた映画であるが、私はマネーゲームの端にもかからない

人間だ。

 

NHKのテレビドラマの頃から、ストーリー展開に勢いがあり

ファンだったので、どんなものだろうという興味もあった。

こんなに、恋愛もからんでこない作品なのに。

人間ドラマがある。

ドラマとは、人の成長を描くものだ。

働く人間は、なんとかっこよいのか。

背広は、バトルスーツである。

 

ドキドキハラハラして、あっという間に見終わり、最後はせつなくて

ちょっと泣けてきた。

スカッとしないけど、このモヤモヤ感も最近感じていなかった感情だ。

自分の気持ちに少々驚いた。

映画の中で、お金をばら撒いての「あるシーン」があるが

脚本では一行のト書きだったこの場面を

監督と俳優たちが息の合った演出と演技で、アドリブというか

11分近くのワンカットとなり、とても迫力のある場面となった。

見ている私もきっと泣きそうな顔をしていたに違いない。

 

わかっていたつもりだったけど、わかっていなかったような気がする。

「お金は粗末にするな」という精神。

お金だけあっても夢がないと人間は生きていけない。

わたしはこの映画でそんな探し物を見つけた気分だ。

 

お金に関する態度を、姿勢を正そう。

見終えてそう考えさせる作品だった。

俳優陣の演技も、見ごたえがあったが

赤いハゲタカ「劉一華 リュウ・イーファ」を演じた玉山鉄二さんの演技の

ウマさに唸った一本だった。

初々しい憧れだけをもった表情。

自分がなにものかを問われたときに、クールな表情が一瞬

崩れ、人間くさい表情になるとき、見事だった。

 

上映終了間際に見に行って、残念。

あと1回はじっくりスクリーンで堪能したい映画だった。

人生観を変える映画になった。

ren

手相見歴30年以上、同じく天然石愛好家です。

シェアする