人間だからこそ

最終更新日

新月の夜、眠っている夢うつつの中の話。

 

夏なのにあまり暑くない日が続いていたが

妙に寒気がする。しんしんと冷えこんでくる寒さに、意識が戻りかけた。

寝具を確認、きちんとかけている。

そのとき。

頭てっぺんから、すいっとなにかが引っ張り出される感覚があった。

言葉では形容しがたい。

携帯の時計は午前2時38分を示していた。

 流行のインフルエンザかと思ったが、寒気は去っていた。発熱も無い。

ただ、翌日から急に食欲が失せて、1食2食抜いても平気になり

当然、体脂肪率が激減した。

 私は背後霊がたくさんいる人間なので、一人くらい抜けたかどうかしたのかも。。。

最近、考えるに、方向性というか、わかってきた気がするので、背後霊が交代か。

 

 手相を見ていて、一番多い相談事は恋愛関係だろう。

結婚の年齢を当てると言われることが多いが、最近は道ならぬ恋についても

相談をうけるようになった。

 理性で判断すれば、してはならぬ恋だろう。

だが、理性が及びつかないところで暴走するのも人間の感情だ。

恋情は不思議である。

どんなに高学歴で、どんなに高い地位の人であっても、恋という感情の前には

無力である。年齢も関係ない。

 

 それは、自分を省みてもよくわかる。

私自身は、好きという感情で暴走するタチである。

駆け引き、苦手。

恋愛で駆け引きできるひとがうらやましい。

 

 恋愛にはカッコイイもカッコ悪いも無い。

好きなものは好き。

たとえそれが愚かな行動につながっても。

理性で振り切れるならば、恋愛で苦悩する芸術は存在しない。

 

占いは、そんな感情を再確認するだけである。

その後どうするかは、自分で選ばなければならない。

愚かに悩むことが人間であることに価値があるのだと思う。

愚かでも、どっぷり浸ってしまえばいい。

結局、自分で体験しなければ、理解できないのだ。

 

ren

手相見歴30年以上、同じく天然石愛好家です。

シェアする