さようなら 枝毛

最終更新日

気が付いたら、9月です。

今年ももう残すところ4ヶ月です。早いものだ…。

実を言いますと、私は自分の体の中で自分が好きなところってなかったのです。

 

高校生の頃から、頭に十円ハ○ができ、格闘すること、ン十年。

病院へ通ったり、薬を試したり、シャンプーを高いのにしたり

試してみたけど全然改善されないまま、時は流れていきました。

もともと、剛毛で、髪の毛は太くて堅い、まるでキタロウのケバリのよう。

手で梳くと、指に刺さってきたりするほど。

枝毛もひどくて、2又、3又はあたりまえ。

驚異的な枝分かれぶりの毛で、伸ばすこともままなりません。

 

ハ○は大小さまざま、ストレスを感じると、まるでミステリーサークルのように

頭に出現します。

真夜中に小型の円盤が着陸したような丸い○ゲ。

場所も変わるので「さまよえる○ゲ」と呼んで、ずっと心の中にひっかかかっておりました。

永年による格闘の果て、

このまま、このミステリーサークルと付き合って一生終わるのだろうか、と

思っていました。

ところが、昨年末から、サークルは出現しなくなりました。

「気」の流れが安定したのか、さまよえる○ゲは出現しなくなっていたのです。

ひどかった枝毛もぱったり出現しなくなりました。

 

あんなに懸命に手入れをして、つぎこんだお金もけっこうな額だったのに、

私の髪は今、枝毛もサークルもありません。

人知れず苦しんだのが嘘のようです。

 

人間の「気」と髪の毛の状態は密接に関係していると、聞いたことがあります。

私は、前頭部の髪の毛の成長が人より早くて、担当の美容師さんには

いつも驚かれていました。

「気」のコントロールを心がけるようにしたところ、髪の毛の調子が良くなって

きたような気がします。

今、 自分の体の中で、嫌いなところだった髪は、好きなところになっています。

 

やはり、良い美容師さんと出会い、良いヘアケア製品にであったのもあるけれど

良い環境になったからだと思うのです。

ストレスによる「気」の流れの滞りがなくなったことが一番の原因かもしれません。

それからあと、自分の好きなところは、左手の人差し指の爪。

右手は酷使しているので爪の形はよろしくないのだけど

労働から遠い左手の人差し指の爪は形がいいのです。

 まさか、自分で自分に好きなところができるとは思っていなかったなぁ。

自分の心境の変化に驚きです。

ちょっとずつでも、変化している。

変化するから人間であるとつくづく思う。

今、悩みのある人も、それが永遠に続くものではないと思える。

ren

手相見歴30年以上、同じく天然石愛好家です。

シェアする