思えば遠くに…

最終更新日

このところの、手相見度は高いと思われる。

1週間に換算すると

ほぼ1日おきに手相を拝見していたような気がする。

でもこの忙しさももう落ち着いたと思う。波のようなものだから。

手相を見ていると「勉強されたのですか」と尋ねられるが

本と、参考までに見てきた手相の経験数で判断している独学。

 

直感(霊感?)も入っていると気がついたのは、この数年のことだ。

見料をいただくようになれば、

手相を拝見する機会は減るかも…なんて思っていたりした。

 

ところが予想に反して増えたのだ!!

最近は拝見する男性の数も増えてきた。

先日は、わざわざ市外から足を運んでいただいた方の手相を拝見した。

こんな私に手相を見せるために、手間ひまをかけてくださるなんて

ありがたいことだ。

 

手相を見るときは、額と後頭部が熱くなるのが自分でもわかる。

 

子供の頃、流行したコックリさんという、ゲームがある。

文字盤の上に置いた十円玉に人差し指を当てて、お伺いをたてるゲームというか

こっくりさんというだけあって、寄ってくるのは狐狸の霊だと言われるが

一種の交霊術のようなものとも、言われる。

頭数をそろえるために、私はその遊びに加えられたが

いつも背中が熱くなった覚えがある。

これは霊が依り代として私の背中に張り付いたのではないかと思う。

後日読んだ本にそのようなことが書いてあった。

 

この遊びは社会的な問題となり、自然としなくなったが

私の曾祖母は「拝み」をしていたというし、

そのつながりでその感性もあると言われた。

 

手相見もブレス作りも、自分がしたいことだったかと問われると

他人に喜ばれるから続けてきたということしか言えない。

 

そんなわけで、いつまで続くかはわからない。

このブログのレンタルサーバーも半年更新したし

ドメインも延長したので、半年は続くだろうが…。

 

いきなりアクセス数が増えていて、驚いている今日この頃。

ありがとうございます。

 

 

最近、この本を読みました。

書籍のお値段としてはお高いと思うかもしれません。

著者はアメリカ在住で、予約待ちが千人を越えるという

人気のサイキックヒーラー。

ワークを直接受けることを思えばおトクな価格と思います。

ボイストレーナーもしている著者のCD付きで、音楽もお話も心地よいです。

お祈りにはコツがあり、具体的なコツについて解説している本です。

疲れたとき、癒されたいとき。

明日への鋭気を養いたいとき、聴いてます。

引き寄せの法則 の実践版という印象。

 

ren

手相見歴30年以上、同じく天然石愛好家です。

シェアする