色に例えてみると

最終更新日

先日は、私の誕生日だった。

友人が、ピアスを贈ってくれた。

葉と花をモチーフにしたアメジストとプラチナのこぶりで素敵なデザインだ。

 

友人は、「わたしの煉さんのイメージはピンクだったのだが

子供たちに聞いたら、グリーンか青、紫という話だった」

 友人のお子さんには数年前にお会いしたきりだが

他人様が私のイメージを色に例えてくれるというのは新鮮だった。

 

 ピンクなんて、若い頃は苦手だったが、この年齢になるとピンクは

若さの象徴だ。見ていると楽しい。

 オーラリーディングでも私は紫に近いピンクの色と言われたし。

去年の今頃は、青いオーラだと言われたが…。

オーラの色は日々変化するらしいので、精進したい。

曇ったりしないように。

 先日、あることがクリアになって、私は自分の内面が少々変化したと

実感した。

これを成長と呼ぶか、どうかは後々のことであるが、気分は予想以上に

すっきりしている。

 

色には、パワーが宿っている。

色を用いた治療法や、商業心理学などがあるが

最近の学説ではピンクは女性のお肌を綺麗にする効能もあり

ピンクの下着を着ると肌が若返るとも言われている。

赤いパンツ健康法も昔、流行ったな。

 

 私が他人様から贈られるアクセサリーの色は、青と緑が圧倒的に多い。

これは、人から見てわたしのイメージの色がそうなのだろう。

自分的にはオレンジか黄色だと思っている。

 人間、誰しも一面体ではないので、

あなたから見えているのが、その人の全てではない。

自分の色を他人に例えてもらうのは、案外楽しい。

 

合う、合わない、部分的に合うが、ちょっと合わない。

どうでもいいとか。

だから、面白い。

 

 

ren

手相見歴30年以上、同じく天然石愛好家です。

シェアする