南の空に一条の光が

最終更新日

天空の光
天空の光

西暦2009年10月28日 16時18分、ふと見上げた

夕暮れ迫る南の空に

一条の閃光が西の空に向かって伸びていた。

ちょうど、買い物を済ませ帰宅途中だったが、バッグの中をかきまわし

携帯のカメラを起動して撮影した。ズームを使って見たかったが

慌てていたので叶わず。コントラストの調整は、パソコンで少々してみた。

滞空時間は2分以上あったと思う。

撮影を終えて、閃光が消え、光の珠となって西の空に消えるまで

30秒はあったと思うから。

飛行機音がなかったし、滞空時間を考えると

隕石または人工衛星の落下と思われるが

その美しさといったら、なかった。

今日ほど携帯にカメラがあって良かったと思ったことはない。

20年以上前に

東の空にレンズ雲が何層にも重なっているのを見たことがある。

この世のものとは思えない、まるで天空の神殿を思わせる雲を

当時カメラを持っていなかった私は記憶に焼き付けた。

今は、こうしてカメラで記録することができる。

たとえ、この光の実体が

飛行機でもロケットでも人工衛星でも未確認飛行物体でも!

一生に一度、見られるかどうかという

それはそれは見事な光景で、これは幸運だと思う。

 

アニメやドラマでは、なにかの始まりさえ予感させるシーンではないか。

 

いいものを見させていただきました。

神さま、ありがとう。

 

 

ren

手相見歴30年以上、同じく天然石愛好家です。

シェアする