手相見 ボー

最終更新日

手相見専用の品ではありません。

十数年前に購入したものです。

地元の百貨店の長崎物産展に、ガラス細工屋さんが出店されていましてね。

ガラス工芸 南蛮船

どれも美しくすばらしい高価な品ばかりでした。

いや、一点ものの芸術品として考えれば、お高くないと思うのですが、

社会人になりたての身には高額に思えたものです。

そんな私が唯一購入できた品がコレ。

 商品名は、つまようじでした。(^_^;)

つまようじなのに、私の当時の時給くらいしたと思う。

つまようじにしては、太くてとても使えそうもありません。

当初、漫画の絵の具を練るのに使用していましたが

そのうち机の引き出しのなかにしまわれてしまいました。

手相を拝見するときに

「運命線が~こうなっていて~~」と口で言うと

依頼主は「え、どれどれ?」となり、指先で説明すると細かい線が見えにくい。

それで、このガラス棒の出番となりました。

思い立って、このガラス棒を扱っていたお店をネットで検索すると

作家さんは有名なガラス彫刻家となられていて

お店では1点数万円の品を扱っていらっしゃるそうです。

あのとき、2本買っておけばよかったな…なんて思ってもしかたない。

最近、手相占い師さんの手元を注意深く見ていると

カンザシなどを使用されているのを見かけます。

  わたしも、これからはカンザシなど気にかけてみようかな。

ren

手相見歴30年以上、同じく天然石愛好家です。

シェアする