受け入れる

最終更新日

最近、とみに日の暮れるのが早いです。

午後4時前には薄暗い。冬至が待ち遠しい。

 先日、自分のアカシックレコードをリーディングしていただいたとき

私のテーマは「受け入れる」「心の平安」と指摘された。

 私は私であることを受け入れる。

たいした人間でもないし、善人でもないし

若くもないし、負け犬だし。

あれ、暗くなるよりすっきりした。

自分以上であろうとすると、葛藤が生まれるのであって

自分は、これ以上でも以下でもないので、いいじゃん、これで。

人を癒す力もあるって、手相を通じて天の声を告げる能力もあると、

第三者に肯定されて、やっと良い意味で開き直れたようである。

自分で自分を癒すのがいい、と言われて

週末は映画のDVDを鑑賞して、自分を癒しました。

美しいエネルギー補給。

特典映像のメイキングを見て華やかに見える俳優さんも

業界の人も、やはり大変だ。生半可な覚悟ではモノは作れないんだなと

しみじみ思いました。作品を作るのって、共同作業だ。

以前、高名な占い師が語っていた

「人間を相手に仕事をしない。」

 これは、深い言葉だ。

自分が仕事をする相手は、人間ではなくて、人ならぬもの。

それは、神様であったり、自分自身の良心であるのだ。

ごまかしや嘘偽りは通じない。

そこには、ものごとに対する誠実さを求められる。

最近、手相見よりも、サンキャッチャーやブレスなどを作る仕事が

忙しいので、更新も滞りがちです。

サイトに来てくださってありがとうございます。

なにかありましたら、気軽にメールください。

即返は確約できませんが、返信させていただきます。

ren

手相見歴30年以上、同じく天然石愛好家です。

シェアする