すべては自分のタメだから

最終更新日

人生、なにが起こるかわからない。

私は甲状腺の病で、6年前に手術を受けている。

甲状腺の機能に異常はないので、ただ腫瘍ごと、

甲状腺の右半分(右葉)を摘出するだけの手術だった。

腫瘍は、良性のもので悪性ではなかった。

 

左側(左葉)にも数個小さい腫瘍が残っていたので、これは経過観察となった。

 

身体経過も良く、検査は年に一度でよかったが、ここに来て腫瘍が大きくなり

半年に一度の経過観察となった。

 甲状腺は目立たないけれど、大切な臓器であるので、今後腫瘍が大きくなっても

「すぐに摘出手術はできない」と医師に言われた。

 

幸い、血液検査では異常がないので、とくに今すぐどうなるというものではない。

人間、生まれたからは、死は遅かれ早かれ、隣りにあるものだ。

 

 先に受けたアカシックレコードリーディングでも

「今は過去世のヒーリングの過程で、色々と体に出てくることがある」

と、あらかじめ言われていたのでとくに驚きもしなかった。

 

 甲状腺の位置は、7つあると言われるチャクラでいうと第5チャクラ。

スロート・チャクラと呼ばれ色々と意味を司るところであるが

 

前方では一般的なコミュニケーション

後方では自分の独自のメッセージを世界に発する、

発達すると創造性を(好きでたまらないこと)発見し実現させてくれます。

(部分 抜粋・ チャクラ・ヒーリング ブレンダ・デーヴィス 著 徳間書店 刊)

 

とあるので、良いほうに解釈することにした。

腫瘍の成長に怯えるよりも

今のうちに、書きたいものを書き、好きなことをしておこう。

 

とりあえず、元気なうちになにかしておこう、という区切りというか

目標ができたワケだ。

人生の締め切りのようなものだ。

 

先日、ツライと相談を受けた知人を、励ますと、

「あなたは立派よ。私なんて…」と嘆いていた。

 

そうだよねぇ。

「私なんて…」と言っているのはツライけどラクでもあるのだ。

でもね、不幸話に寄って来るのは同じような感情を持つ人間だけだ。

 

他人様に対しては、批判的な見方をするのは自分の運気も下げるし

やめておこう。

明るい人、話に寄って来る運気があるのだ。

だったら、

愚痴ったり嘆いたりするのは2回までにしておこう。

それは誰でもない、自分の開運のためだから。

どんな不幸なできごともつらい感情も、自分の血となり肉とするために。

 

新しいブログタイトル、

「なかなかイイ」とお褒めのお言葉チラホラいただいています。

マイナスよりもプラスがお得感アリですかね?

ありがとうございます。

 

 

 

 

 

ren

手相見歴30年以上、同じく天然石愛好家です。

シェアする