部屋の中に光の影

最終更新日

ren091210

もう11月も終わり。とくになんということはない月末であるが

昔のブログにも載せた話を備忘録として。

手術を経験したのがきっかけで、スピリチュアルというか不思議な話に

強く惹かれるようになった。

その関係で旅先に神社があると必ず参拝することにしている。

何年か前、ちょうど夏に手術をした後だったか

小旅行に出かけて、旅館から近くの神社に参拝した。

部屋に戻り、夕刻に室内に灯りをつけたところ

天井に光の影が映っているのに気がついた。

光の影とは妙な言い回しだと思われるかもしれないが

鏡に光があたり、反射して壁に映された光と言えば、イメージしやすいだろうか。

私は、最初、室内の鏡に光が反射していると思った。

光はゆっくりと、天井を右から左へと移動している。

室内に移動する鏡はない。

もう一度眼をこらして光の影を見た。

影はやはり動いてる。

微細な揺れではなくて、右から左へと往復しているのだ。

丸い光の影が。

室内が明るいので不思議と恐怖もなかった。

光は数分後に消えていた。

 

昔、十数年前になるが、

夜道の帰路で、満月のように大きく、赤い火の玉を見たことがある。

満月か?と思って見上げると

満月は私の背後に有り、その満月大のまんまるな火の玉(のようなもの)は

す~っと音もなく上空から降りてきて、私の前でパッと消えた。

時間は午後10時過ぎ。

丑三つ時ではなかったので、不思議に怖くはなかった。

 

不思議なことがあるなぁという刷り込みがあったので、背中がゾワゾワする怖さ

というものはなかった。

 

思い起こせば

火の玉を見た頃は、生きていく自分の進路をはっきりしたくて

右往左往していた頃だったし、

光の影を見た頃は、自分の行く末に迷っていた頃だった。

 

考えてみれば、頭で冷静に考えていたつもりだったのに

魂のほうでは「進む道が違っているよ」というサインを常に出していたと

思う。

うまく行きそうなときに、体が不調になるのにはそういう意味があったのだ。

頭で考えていた理想的な道を選ぼうとしていたことに魂が

「やめときなさい」と発するメッセージを何年も前に受け取っていたのだ。

つまり、本当なら何年か前、ある病で最初は

「手術はしなくてもいいよ」と医師に診断されたものの

偶然というか、自分の直感で行動し

別の病院で再検査したところ、「即、手術」となった経験がある。

あのとき、「手術しなくていいんだ」と安堵しきっていれば

もしかしたら、死んでいたかもしれない。

つまりは、今自分がここにいるってことは

生かされているってことなんだと再認識した。

 

今、すべてを天に任せなさい、というメッセージを受けて

私は、なんとなくすっきりしている。

 

奇跡は、毎日起きている。

ren

手相見歴30年以上、同じく天然石愛好家です。

シェアする