夏至に向かって

最終更新日

 

冬至がすぎて、夏至に向かって一日一日、昼間の時間が長くなっていく。

今日、午後の空にきれいな雲が浮かんでいたので、携帯で撮影した。

 我が家に友人サンタがやってきて、贈り物を持ってきてくれた。

贈り物はもちろん嬉しいが、こんな私に贈り物をしよう!と思ってくださる

その気持ちがなによりもありがたいと思う。

こんなに綺麗に撮影できる携帯電話のカメラで、先日自分の顔を撮影してみたら

何度撮影しても顔に白い影が被さってウマく撮影できなかった。

 当初は手ぶれか?と思ったのだが、固定してもダメだった。

 昔、霊感のある人に「煉さんの顔に顔がたくさん重なって見える…」なんて

言われていたので、まあそんなこともあるかぁと諦めた。

今年逝った人々の記事を読むと、年末を強く感じる。

命は、オギャ~と生まれてきたときから、死ぬことが決まっている。

宇宙にある恒星も、死ぬときには、「金-ゴールド-」を生み出すという。

地球上のゴールドは、かつての恒星の遺産でもある。

太陽のエネルギーも、内部で生まれて

表面に出てくるまで100万年かかるらしい。

生まれたからは、どうせ死ぬから…となにも努力しないのも

ひとつの選択肢であるが

 どうせなら、なにか努力してみるのも選択肢。

この感覚は、夏至がきたら冬至を思い

冬至が過ぎて夏至を思う。ある種のせつない感覚と似ている。

 

 

ren

手相見歴30年以上、同じく天然石愛好家です。

シェアする