ありがとうにありがとう

最終更新日

先日、2010年を迎えたと思ったら、もう最終週に入るではないですか。

この1ヶ月何をしていたんだって感じです。

 久しぶりに手相見をしました。

馴染みの静かな喫茶店でじっくり1時間ちょいほど。

手相見の問い合わせは、数件いただいているのですが

なかなか希望日が合致しません。

今回の依頼主とも、互いにいろいろと予定を合わせて、拝見が叶いました。

 「見料をいただいてありがとうございます」と言えば

「見ていただいてありがとうございます」と返事が返ってくる。

なんという恵まれたことでしょうか。

 ありがとうと言われるのは本当にありがたいです。

人間の幸せのひとつは、

他人から「ありがとう」と言われることにあるのかもしれません。

 

開運の近道は感謝することだと聴いたことがありますが

この年齢になると「だよね~~」とうなずいてしまいます。

 手相を見て、仕事関係で迷っている人には、好きなことを手放さずにいなさいと

アドバイスします。

好きなことをしていると、エネルギーが湧いてきて、苦労を苦労だと思わないからです。

好きなことで食べていけない、と言う人もいますね。

食べていけないけど、続けるということが大事ではないかと思います。

だいたい食べていけない=お金にならない と思い込んでいるのは

自分だけだったりすることもあるのではないかな。

私自身を振り返ると、特別好きなこと!!として手相見をしてきたわけではないですが

人に喜ばれるからしてきたら、こんなことになっていたって感じです。

嫌いではなかったことは確かです。

手相を見るってことは

 自分でわかっているけれど、他人にはっきり言われたら、納得できるということが

ありますよね。

私がツイテイナイ時にいろいろ試した考え方や、知識を他人様と共有できれば

いいなと思っています。

 

 でも、自分の運気を上げられるのは自分だけです。

 予言めいたことを詳細には示しません。

 機会が来るけど、掴むか掴まないかは、本人次第です。

 だから、手相を拝見するときは、見方のポイントをお知らせします。

そうすれば、自分の気になる人の手相を見てもポイントは押さえられます。

 疲れたとき、困ったときはジタバタしないで流れに任せるっていうのも

選択肢のひとつです。

 

 

 

ren

手相見歴30年以上、同じく天然石愛好家です。

シェアする