ひとくぎりな年度末

最終更新日

年度末はさまざまなことが終わって、始まる季節。

私の手相見も一区切りついたと思われます。

今月は、今までで一番多くの方の手相を拝見できました。

ありがたいことです。

4月からは見料を値上げさせていただくことにしたので

これからどうなるのか私にもはっきりとは見えません。

でもなにかの転機が来ることは感じられます。

 

今日、たまたま仕事のお休みをいただいていたところ

久しぶり!な複数の友人、知人からメールが届きました。

なんという偶然!

 必要だと思われる人には、必要な情報を提供することが叶いました。

 

その情報を活かして動くかどうかは、本人次第です。

手相見をすることもこんなものかな、と思います。

 

直感を活かして、読み取る手相ですが、開運に向かってのフットワークの軽い人と

腰が重い人とは、見え方が違ってくるということに気づきました。

 

有り難いの反対語は「あたりまえ」だと聞いたことがあります。

あたりまえだと思っていたことが、有り難いことだと気づけば

きっと運気の流れも変わってくると思います。

 

動く人にはいろいろと、選択肢をアドバイスできますが

動かない人には、動けとしか、言いようのない場合があるのです。

今現在の手相は、「動かないでいる今」を示しているからです。

運気の流れがいい時に動かないなんて、もったいないです。

 

今の運気に不満を感じているなら、動くしかない。

風を起こせば、運気の流れも変わってきます。

流れの中から、良い運気を掴むのは、本人次第。

一見、悪い運気に見えても、後から考えると良い運気だった、なんてことも

よくあるので、転んでも、良い運気を掴む意気込みも必要だと思われます。

 

昨年末までに、お問い合わせ等でいただいたメールアドレスは

3月末に消去いたしますので、再度お問い合わせくださる場合は

お名前を明記してくださるよう、お願い申し上げます。

 

 

 

ren

手相見歴30年以上、同じく天然石愛好家です。

シェアする