天空への門

最終更新日

先日、目の前に天空への門が開くという夢を見た。

門は雲でできていて、それが道を示すように開ける夢だ。

不思議な感覚の夢。

天空の道

 最近、問い合わせのメールが多いので、携帯の電話料金プランを

「メールし放題」に変更した。

メールをやりとりするのも、なかなか労力がいると感じている。

すでに、”手相見” はメールから始まっていると言える。

メールの文面や数回のやり取りで、相手の状況や、性格がだいたい

掴める。

 

最近、増えてきたのは、「自宅で見てもらうことは可能ですか」というお尋ねだ。

自宅で拝見する場合は基本的に2人以上の依頼者がいる場合に限らせていただいている。

1対1だと、不測の事態が起きたときに困るので。

手相見は人生のデリケートな部分に触れる場合もあるので、そういうことにしている。

紹介制にしているのもそのためだ。

刺されるいうことはないかもしれないが暴言を吐かれたり、殴られたりする場合も無いとは言い切れない。(私はまだないけど、これからも無いことを望む)

「一人では不安なので、友人も連れて行っていいですか」

これも、比較的多い。

 かまわないと返事をするが、手相を拝見するときは連続3人までが

いい調子を保てる人数だと最近わかった。

4人目からは疲れるので、よく勘が働かないのだ。

 

また、手相見の日程や条件がことごとく合わない人もいる。

縁があって、メールをいただいたので、複数回やりとりして、妥協点を探るのだが、

難しいこともある。こちらは生業で見ていないので、

条件が合わない人を「どうしても拝見する」ということにはならない。

すべて、天の計らいである。

 

夢占いをするならば、すでに道への門は開かれている。あとは逆らわずに見るだけである。

不思議なことに昨日から今日にかけて、メールの嵐で驚いた。

ストラップが切れたという内容や手相見の問い合わせなど、数分おきに

携帯は鳴っていた。

こういうのって、やはり波があるんだなぁと実感した。

 

ren

手相見歴30年以上、同じく天然石愛好家です。

シェアする