とりあえず、掴んでみることも

ゴールデンウィーク真っ只中である。

昨年の今頃は桜が咲いていたのだが、3日現在、お隣の庭の桜は葉も開いていない。

桜が咲くのは当分先になりそうだ。

寒いですね、なんて挨拶をしていたのに、今日は夏日を記録!

そんな中

在宅で、文書作成の内職をしていた。

この時期はだいたい、文書作成の内職をしていることが多い。

 

仕事でも、モノでも、自分の前に突然やってきたとき、

「この仕事を受けたら、今の仕事は急にやめられないし…」とか

「これを××したら、○○するのが面倒だからいらない」とか

色々と考えてしまって、チャンスを逃していることって意外に多いのではないだろうか。

目の前に来たチャンスは、とりあえず、掴んでおくというのが大事なのに!と

横で見ていて思うことがある。

 

 不思議なことに、チャンスは試すように、目前に舞い降りる。

どちらかを得て、どちらかを手放すことを、迫る場合がある。

どちらも手放さず、丸く納まるのが一番いいのだが、そうもいかない場合がある。

時として自分の優先するものを把握しておくのは大切だ。

また、黙っていて、必要なものは、すべてむこうから、やってくることはない。

 自分に必要なものを、つねにはっきりしておかなくては。

 

聖書にある言葉「求めよ、されば与えられん」の一節が頭に浮かぶ。

 求めなければ、与えられない。

 

私も、昔は「困った~」と言っている同僚に、「どうしたの?」などと声を

かけ、ウンチクを披露していたが

今は直接「煉さん、どうしよう」と声をかけられない限りは

でしゃばらないことにした。

 

これは「運」にも通じるのではないか、と最近思うようになった。

 神さま(運)は求められないと、手を差し伸べられないのではないか。

 

後々のことを考えるのは、大事かもしれないが、

求めているモノが目の前にきたら、とにかく掴んでみることを

オススメする。

 

 

 

ren

手相見歴30年以上、同じく天然石愛好家です。

シェアする