見えているもの

最終更新日

気がつくと、11月も最終日で、明日から12月。師走です。

年賀状の図案も考えていないです。今月は、どちらかというと手相見より天然石関係の依頼が多かった。今まで手にしたことのない石も手にできました。

写真はトルマリンのタンブルカットです。トルマリンと言えば、和名:電気石。健康に良いといわれている石です。

トルマリンがマイナスイオンを出して、云々。

肩こり、冷え性にも効き目があるんだそうです。

パワーストーンの効能は?というと色によって多少違いはありますが、だいたい、体調の不調を癒してくれる力があると言われます。

他には愛情の石、宇宙の意志を伝えるなどありますが、健康あっての願い事、健康あっての守護を考えると最適な石だと思います。

先日、10年ぶりに買ったデジカメ、さすがに機能が充実しすぎて、メニューを選び、設定するのに慣れません。もっと撮影しなくてはと思うけれど、撮影するのはもっぱら、猫や石、空の風景です。

今回のコンパクトデジカメはスーパーマクロという接近撮影に強いカメラであるところが気に入っています。

撮影者本人は老眼で、レンズも眼鏡も近すぎると見えません。

この「見える」ということに意識を向けると、自分の中にどれだけ知識があるかというところで、他人と自分の見えているものが違ってくると言うのも、痛感しています。

わかりやすい例(?)といえば、フィギュアスケートの大会で、選手がジャンプ回転している場面を見て「回転が足りませんね」と解説されても、知識のない私は、「どこが?」という感じで、「見えていない」でも、「見えている人」には 回転が足りないと言うのが”見えて”いるわけです。

以前、ベストセラーになった「バカの壁」の中に書かれていた、「人間は知っているものしか理解できない(意訳)」(^_^;)

テープ起こしをしているときに思い知ります。聞き覚えのない単語は聞き取りにくい。

全てを知っているのは、全知全能の宇宙の真理だろうと思いますが、きっとそういう存在は、わたしが想像のつかない感覚と、意志を持っていて、世界を「見て」いるのかもしれません。

自分の中の常識や正義は、別の人から見ると、非常識で、非正義であるということを、譲り合っていけば、世の中は平和なのでしょうが、寛容であったり、譲歩しすぎると、つけこむ輩もいるのが難しいところです。

あなたには、あなたにだけ見えているものがある。

同様に、他人には、あなたの見えていない部分が見えているかもしれません。

 

あすから12月。冬至までもうすこし。

新年の良い波動を掴むため、新しいサンキャッチャーでも作ろうと思います。



ren

手相見歴30年以上、同じく天然石愛好家です。

シェアする