お茶したいけど…

最終更新日

気がついたら、2011年が始まって一週間も過ぎていました。バイトも無事始まったものの、正月休みの分、実働日数が少なくて、仕事量が圧縮されて慌しいまま、三連休に突入。まだお休みモードから完全離脱できていません。

写真は我が家の最大猫、こたろう 7.5キログラム です。

 今年のお正月は、寝正月でした。おまけにこの数日すごく寒い。灯油代を節約しようと思っても、半端じゃない寒さなので、動きが鈍くなり、布団の中で本を読んだりして…。

まるで冬眠中のようです。

今年、この数年で一番多く年賀状を頂戴しました。いつもの顔ぶれに加えて、手相見関連の方から多く頂戴したのです。ありがとうございます。

社交辞令も多いと思いますが、「今度お茶しましょう」と自筆で添えられた文もありました。あと、街でお会いしたときも「今度お茶でも…」と声をかけてくださるので、本当にありがたいです。

 実際、「手相見無し」でお茶して世間話をするには、暇も余裕もないところで、ご希望に添えなくてもうしわけないです。

このブログでも何度も同じコトを話していると思いますが

正直な話、友人と手相見の線をひくのはとても難しいのです。

手相見として客観視できることが、友人という立場で見ると私情が入ってしまい、見所がちがって来る場合が無いとも言えないので、友人の手相を見るのは一度きり。

また、手相見の依頼主と友人関係になって馴れ合いになるのも避けたい。

先日

「自分のことをよく知っている人に、手相は見てもらいたくないよね」と友人は笑いました。

見えすぎて、見なくても良いとこまで見てしまうからでしょうか。

私も、それはつらいところです。

 「私の手相を見て。パートナーの手相を見て」という方は少なくありません。

でも、その後も「たまに会って、お友達としてお茶してください」という方も中にはいらっしゃいましたが、お断りしました。

手相見として問題に向き合うことができても、友人として問題に向き合うのはご遠慮したい気持がもありました。

相手のこれからの幸せに願かけたということもあります。

願をかけたことは、話していませんから、相手には「理由がわからない」とメールで責められて

疲れたことが、小さいトラウマになっているかもしれません。

 婚約者を紹介したい、と言ってきた知人には、お断りしました。

きっと手相見の立場で見てしまうだろうなぁと思ったので。

修行が足りないと言われればそうです。

気がついたら、拝見した人数が こんなに?というくらいの数になっていて、もっとしっかり拝見できるよう、精進しようと思います。

数人なら、お友達のまま、対応できたと思うのですが、数が多くなるにつれ、それは叶いません。

 

 きちんと一線をひかないと、境界線の無いまま、手相を見て、なし崩し的に友人になって、困りごとがあったら相談を受けてというのは、なにかが違う。

 そんな便利な友人がいたら、頼ってしまうものでしょう。

わたしも例外ではないと思えるから。

 

  昔と違って、手相の本は、多数書店に並んでいます。見ようと思えば、本片手に自分の手相を読み解ける時代です。私も最初はそうでした。

本と私の違いはどこにあるのか、と問われれば、実際見てきた数の経験値が、本を読み始めた人と違うところです。

それくらい。

 ご縁がありましたら、天然石でも、手相見でも。

 

 今年はどんな手相と出会えるか、楽しみにしています。

ren

手相見歴30年以上、同じく天然石愛好家です。

シェアする