嬉しいこと

最終更新日

手相見を見料をいただきはじめて、もうすぐ丸3年になる。

趣味で見ていたときより、見料をいただくことにより、より多くの方々とご縁がつなげるようになり、感謝している。

見料をいただくとき、「ありがとうございます」と御礼を言われると、私のほうで「ありがとうございます」×100くらいな気持ちになる。

拝見する人数が増えると、自分のボキャブラリーの貧困ぶり、知識の浅さを自覚することもあるので、このまま続けていてもいいのだろうか。とふと迷いの念が入ることがある。

そんなときに、天は実にタイムリーな出会いや出来事を、私に遣わしてくれる。

昨日の、手相見の依頼主も、新しい発見をさせてくれた。

そして、今日、嬉しいメールを受け取ったので記念に記しておく。

一昨年、手相を拝見した依頼主から、

「占いどおりに○○才で出産しました。今は子育て中です。ありがとうございました」というメールを頂戴した。

私は運気の流れを読んだだけである。告げた運気を活かすほうに行動したのは依頼主。

でも御礼を言ってくださるのはありがたい。

こういうお言葉をいただくと、落ち込んでいた気持ちも上向いて、あと数年は手相見を続けていけるかな、と思ってしまう。

人間は(わたし)は単純だが、その言葉がエネルギーとなることは事実なので、自分もいいもの、いいシーンに出会ったら、伝えることの手間を惜しまないようにしたい。

 

そして今日は

数年使っていた、パソコンのキーボードが故障してしまった(デリートキーが押せない、「D」キーが押しづらい)ので、新しいのを購入しなくてはならないようだ。

我が家では ディスプレイ、パソコン本体、キーボードの順に古かったのだから、しかたないか。

キーボードの文字マークも消えかけていたし。

 

ren

手相見歴30年以上、同じく天然石愛好家です。

シェアする