勘?感、観

「肩、凝っているね」 と優しく揉んでくれる手。

癒してくれる言葉。

目が覚めたら、それは夢だった。夢じゃないような夢。私はよく見る。

疲れていたり、悲しかったりしたとき、夢の中で、励まされたり、慰められたりする。

 考えてみると、そのとき傍に居るのは、背後霊かもしれない。

 

続くときは、回りの環境がそうなっているからなのか、続くことがらがある。

長いこと、ご無沙汰していた人からの、短いメール、慌てて返信したので短すぎるメールも

続いた。

 私は、霊感のある人から「たくさんいろんなメッセージを受け取っていますね」と言われるけれど

私の目前に「現れる」こともないし「囁かれる」こともない。

入眠時幻聴は一度経験がある。眠りに落ちる寸前に、笑い声や話し声を聴くというものだ。

金縛りも一度だけある。

布団の周りに無数の人の気配を感じて、耳元でシンバルを鳴らされたような騒がしさがあった。

あるとすれば、「脳内妄想スクリーン」だけ。

 依頼者の手相を見ているとき、私の脳内は、静かで空白である。その中から言葉が浮かんでくるわけではなくて、湧いてくるのは数字。

依頼者に訪れる転機を示す数字だ。

そして言葉は、私の脳内からではなくて、私の前から出てくる感覚である。

必ず、体温が上がるので、汗も流れる。

昔から、ナニかが寄ってくると寒気ではなくて熱さを感じた。

 自分の波動に合った存在としかコンタクトが取れないのなら

私はマダマダだ。

 でも、幽霊を幽霊として見ていないのでは…と思うことは時々ある。

目の前に見えている理解できない人物の足下を見て、影を確認する癖がついているが

幽霊にも足があり、影もある場合もあるので、あまりアテにならないな。コレは。

 

ren

手相見歴30年以上、同じく天然石愛好家です。

シェアする