直感に聴く

最終更新日

年度末も過ぎて、新年度の始まりです。

年度末といえば、数年前に登録していた派遣会社から、電話をいただきました。

急に人手が入用になったのでしょうか。

仕事が来るときは、続くものですね。

振り返るといつも、ないときは全く無いのに、来るときは2つも3つも呼ばれるのです。

 

今回は、心がすごく動きました。今のバイトより、時間が長くて、時給も良いし、福利厚生もある。

で、直感で「!」とくれば、即お受けしたかもしれませんが、なんというか、タイミングが合わなくてお断りしました。

 こんな好条件、最後かもしれません。

今のバイトもわたしなりに色々工夫してこなしてきましたが、どうも仕事量に能力が追いつかなくなっているようです。データベースの動作を確認して自宅でも数時間…。

今度ばかりは自分がそれなりに年をとり、仕事量が減ったなぁと痛感しました。

数年続けていても、仕事内容に自信がもてません。

新年度なのに、気持ちは限りなく黒に近いブルー。

 

今回は新しい環境で適応してやっていけるかというところで、躊躇したのかな。

つまり「そのとき」ではなかったということ。

今の仕事も引き継ぎがいつでもできるように、書類を用意しておこうと思います。

自動化ができるところは、自動化しておこう。

転職云々より、いつなんどき、人生なにがあるかわからないから。

 

タイミングはとても大切で、必要なときは、扉が次から次へと開くようにうまく運ぶものです。

今年のキーワードは、「新しいことを始める」ということですので、この次、チャンスがきたら、うまく掴めますように。自分の背後霊さまに祈っておこうっと。

 

今年になって、霊感鑑定を依頼した先生からの鑑定結果がword文書23枚にもおよぶ長編で届いたのは2月のこと。

鑑定内容は、幸福への道筋をカバラ、タロット、霊感 と3つのツールを駆使して、多角的に分析してくれるというものです。ご紹介したいところですが、私が申し込んだ後、依頼が殺到して受付中止になってしまいました。そろそろ鑑定再開する予定と聴いています。。

この大容量の鑑定内容で、お値段も格安です。

先生は、映像関係の自営業の傍ら、副業として鑑定業務をされているようです。

ホームページに出会って、申し込んだ決め手は、私の尊敬するスピリチュアルヒーラー山村幸夫さん(故人)の本を読まれていたからです。

このブログで紹介することを快諾してくださいましたが、上記のとおり、申し込みが殺到していらした時期なので、控えました。

氣になる方は、私に直接、メールでお尋ねください。折り返しサイトのアドレスをお知らせします。

 

で、鑑定後、質問しました。

====

私の場合、光や天使や高次元のスピリット達を、肉体の「耳」や「目」で聞こえたり、感じたり、見えたり。 といった経験の方が逆に少ないのです。

====== 

返信は、

「高次元の存在達は、基本的に「耳元でささやくようなこと」の方がむしろ稀かもしれません。

反対に、低次元の動物霊や浮遊霊のような存在の方が、逆に、より人間にはリアルに感じるかもしれません。

それは「波動」や「周波数」の違いもあるからでしょう。
人間は肉体を持ち、この地上で生活をしている存在です。
ゆえに、波動(原子以下の周波数)は、高次元の肉体を持たない存在や、
高度に発達した宇宙人達よりも「荒く」「重い」ようです。

その為、地上に浮遊しているような「元人間」のエネルギーや、
「人間感覚」の動物霊たちの方が「見えたり」「聞こえたり」しやすい傾向もあります。

ですから、自殺者が自殺する前や、殺人者が殺人を犯す前に
「誰かが耳元で死ね」と言っている。とか
「誰かが耳元で殺せ」と命令する。
など、後から聞かされる実例もかなり多いのです。

光を目で見たことがなくても、実は煉さんは、ちゃんと光に導かれています。
それが「インスピレーション」でもあります。」

 

鑑定後のフォローもとても詳細で親切でした。

今回の鑑定では、「人生の転機が近づいている」というメッセージが寄せられ

「既に新たな人生の転機に入っています。
しかし、おびえる必要は全くありません。」

ということで、今までリーディングしてくださった 東ちわさんや銀:リオンさんの内容とリンクする部分があり、確信した次第です。

これからは、ますます自信を持って、自分の直感を信じ、石を選んで、皆さんにアドバイスできます。 

 

 

ren

手相見歴30年以上、同じく天然石愛好家です。

シェアする