イヤなら変える

最終更新日

暦の上では、ゴールデンウィークが近いのに、私の住んでいる街は雪がちらついたり、とにかく寒いです。

ブログを見ると、毎年この季節は「寒い」と記している氣がする。

私は手相見であるが、皆さんが手相を見てもらいたい!と思うのはどういうキッカケだろうか。

一昔前に比べると、書店には手相見の本の種類も多いし、その気になれば、本を読んで自分で調べることも可能なのに。なぜか。考えてみた。

複数の人から聞いたところによると「本を読んでもなんだかよくわからない」という。

思い返すと、私もそうだった。私が手相を見ることができるのは、過去にたくさんの実例というか、手相を比較、拝見する機会に恵まれたからだ。

手相は、自分の内面が現れたもの。自分の深層心理が感知しているものしか、表れない。

深層心理が感知していて、自分の表面では感知していないものを、読み取って提示するのが、手相見である自分の役割だと思っている。

「今、会社で人間関係がつらくて」

「夫とうまく行っていない」「嫁(息子、娘)と上手くいっていない」

 

アドバイスを求められて、私が言えるのは

「嫌なら変えるしかない」と言うことだけである。

今までのやり方を変えないと、現状は好転しない。

今まで自分がやってきたことが、なにも悩みを解決していないのだから。

 

どんなに頑張っても、自分は自分で他人にはなれない。

他人を変えるなんて、それはものすごいエネルギーがいる。

たとえば、自分が他人に意見されたとして、すぐ受け入れられるだろうか。

受け入れたとするならば、相手の悩みはすでに解決されているので

手相見するまでの悩みごとにはならない。

 

ならば、今までのやり方を「押していたこと」を「引いてみたり」して

別の行動をとって、変えてみるしかない。

自分のやり方 を変えるのは、違和感あるし、辛いだろうし、面倒くさいだろう。

それでも他人を変えよう、思い通りにしよう とするエネルギーよりも少なくて済む。

それは、自分のことは自分自身が一番わかっているから。

超能力者でないのだから、他人を思い通りになんてできない。

自分の行動を変えて、周りの状況を変容させないと、いつまでたっても

「ツイテイナイ」「周りがわかってくれない」と不満だけを周囲に呟いてしまうのが続く。

呟くだけ→なにも変わらない→さらに呟くだけ→周辺環境が悪くなる→呟くだけ

 

時間が経過するうちに事態が好転する場合があるかもしれないが、今以上の忍耐力も必要になる。

今までのやり方が通用しないとなると、変えてみるということを「鏡」となって示すために

手相を見ているのではないかと、今更ながら痛感している。

手相の上に、幸運が記されている場合は、それを確実なものにするために、タイミングを知るために「数年待つ」「行動をおこす年齢」というのを読みとるのだ。

希望を手にするために。

結局のところ、自分の運を選ぶのは自分自身。

ずっと不満だけ呟く人生というのもアリだし

それが嫌なら大なり小なり「変える」という意識が必要だ。

今に不満があるなら、変える。

相手に言っていた不満の切り口を変える。甘い言葉を厳しい言葉に、弱い押しを強い押しに

絶望を希望に。変えてみることだ。



ren

手相見歴30年以上、同じく天然石愛好家です。

シェアする