割れた玄関ガラス

最終更新日

27日早朝に、我が家の玄関のガラス上下部分の下が割れていた。

どうやら原因は我が家一の大猫、こたろうが、靴箱の上から落下して体当たりしたらしい。

幸い、こたろうは無傷だったが、前足を打撲したらしい。

冬季の断熱用に、パッキンシートを張っていたのが幸いしたと思える。

割れたガラスは即日、新しいガラスに交換された。

それが、この薔薇の花の模様ガラス。椿にも見えるが、薔薇ということにしておく。

今までは、葉だけの模様だったので、ちょっと気分的には華やか。

この時期(GW突入前)にガラス代は正直痛い出費となったのだが、視点を変えれば薔薇は女性に対して幸運をもたらすシンボルであるから、結果的には良かったと思うことにした。(T_T)

今日は、とてもいい天気で、まさに行楽日和なので、ちょっとドライブ。

途中、天気雨がパラついたので、太陽の反対側を見ると、えらく低い高さに虹が見えた。

虹は幸運の訪れを知らせるシンボル。

 

ここにきて、手相見の名刺などを渡す機会が増えたので、本名ではなくて「煉さん」と呼ばれることが多くなった。

私が手相見や天然石関連の仕事で「紅乃 煉くれの れん」を名乗っているのは、ペンネームを名づけていただいたからであるが、別の方にリーディングをしてもらったときに、「手相見や天然石関連の仕事をするときは、この名前を用いることによって、”インスピレーションと霊的アプローチが入るので、手相見としてのお仕事やアクセサリー製作に向いています”と言われた。

そんなわけで私の直感を必要とする上記の作業の場合は、意識して用いている。

名刺には、住所表示上、本名も記しているから、メールなどで「どちらで表記したらいいだろう」と迷われた場合は、煉 の名前を用いてくださると「霊的アプローチ」が得られるかもしれません。(当社比(^_^;))

 



ren

手相見歴30年以上、同じく天然石愛好家です。

シェアする