こだわり

最終更新日

「煉さんの選んでくださった石は違いますね」

 最近、よくそういう言葉をかけていただきます。

私は、「引き寄せの法則」というのを信じていて、一攫千金(いっかくせんきん)を目論んで、イメージトレーニングをしていますが、((*^_^*))

百万円を頭の中で数えきる前に、眠りに落ちてしまいます。

 いやいや、お話したいのは、そういうことではなくて、私の手許にやってくる石は、「縁」があるからだ、と信じているわけです。

やって来てくれたからには、「おもてなし」する。

一晩、浄化函「宝函」で休ませておく。

ブレスレットやその他色々作ったら、これまた宝函で休ませて、包装する前にはお香で浄化します。

作っているときは、頭で考えるより、指先で、眼を通して石の聲(こえ)を聴いているような気がします。

作っているときは無心に近いので、深いところで異次元と繋がっているかもしれません。

 こういうと大げさですが、

作るときは、怒りや悲しみ、疲れ等々、負の感情を持つときには作業しないと決めています。

思うように、石がまとまらなかったりして、イラついたときは、お休みします。

組みあがったものを見て、「まぁいいか」と思って、依頼主に手渡したことはありません。

「コレだ」と思って作るのですが

依頼主の希望で、出来上がり後に石の数や変更する場合もあります。

それも、作る数が増えたからこそです。

依頼してくださる方がいるからこそ、色々な石とも接点を持てました。

 これから、依頼を受けるスタイルを変えてみようかなとも思案中です。

この石を使って欲しい、という希望ではなくて

引き寄せの法則によって、私の手許に来ている石から選ぶと言うのは

どんなものでしょうか。

石との出会いは運命。運命を感じてみるのはいかがですか。

やはり自分は石オタクだなと思い知りました。 

ren

シェアする