虹を多く見る

最終更新日

今月に入って、二度目の虹を見た。

今年はよく虹を見るなと思ったら、それは意識的に虹を探しているからかもしれない。

24日の夕方に友人が、「虹が出ているよ」と携帯にメールをくれて撮影した。

大きな虹。

知らせてくれなかったら、見逃すところでした。ありがとうございます。

携帯にもデジカメ機能があるし、コンパクトデジカメもあるので、難なく撮影できるし。

こういうのを見られるというのもタイミングです。

タイミングというのは、運気を考えるときに大切な部分です。

間違った方向に、瓶のフタをいくら回しても開かないように、コツ=タイミングが合えば

難なく次のステップに進めるように、占いはそのツールだと思うのです。

「だいじょうぶ」

この一言を、依頼主は求めているのかもしれません。

こちらは大粒の天然水晶ビーズに虹が浮かんだもの。

虹入り水晶は、開運招福の力があるとされている。

運の変わり目には、虹が見られる。

虹を見るためには、雨降りを経験しなくてはならない。

 
どんなに悲しいことがあっても、空や天然石の中に虹を見ると、ほっとする。

虹は地球の色。暗闇には色は存在しない。

 
世の中はシルバーウィークだったが、わたしの首筋から肩が凝りに凝って重たいまま過ぎていった。

首も痛くてよくまわらない。

なにかの折に、首筋から肩が、寝違えたように痛むのは、運気の変わり目だと聞いたことがある。眠くてしかたのない日が続くのもそうらしい。

そういえば、最近、やたら眠たかったし。

肩凝りも、急にやってきた。

数秘術の占いでは、わたしの人生の運気のサイクルは8年ごと。

今年は、父の死、手術、その他色々の災厄を現した夢…三つの竜巻に巻き込まれる夢を見てから、ちょうど8年目だ。

8年前は、手術室に入る直前まで、同部屋の患者さんの手相を見ていたが

手相見として、こんなに多くの方々と接することになろうとは、想像もしていなかった。

それも 水引の内職をした道具で、天然石でアクセサリーなどを作っているなんて。

しかも
人様から頼まれるようになるなんて。

全く想像すらもしていなかった。

まったくもって、どうなるかわからない。

だから、面白い。

 

 

 

ren

手相見歴30年以上、同じく天然石愛好家です。

シェアする