人生に+(プラス)

最終更新日

気がついたら10月になっており、天然石のほうが忙しくて、手相見は開店休業中です。

ブログの更新も滞りがちで、お立ち寄りくださる方には申しわけありません。

今日でほとんど、依頼品を消化しましたので、残るのは少しです。

写真はその素材です。

ヒーラーの方がダウジングに使用するペンデュラムを、作ります。

ブレスレットやストラップと違って、実践で用いられるものなので緊張しますね。

 

今はデザインをあれこれ考えています。

あまりこだわらずにシンプルなのがいいのかな。

天然石や宝石は、生きていくうえでは一見必要の無い存在のように見えます。

でも、美しいものを目にして、自分自身のエネルギーを高めるために、いにしえの太古の昔から、宝石はタリズマンであり、象徴だったのですね。

平和な人生に、ちょっとした希望の光、癒しの波動をもたらすもの、その一つが「石」だったのだと思います。

石と人間は、悠久の昔、同じ宇宙のチリ、星屑だったもの。

人間も宝石も、ともに星の生まれ変わりです。

今日、マッキントッシュというパソコンを世に送り出したスティーブ・ジョブズ氏の訃報を受けました。

パソコンが、味気ないデザインだった頃、パソコンを「使ってみたい」と思わせたiMacの登場がなければ、今、こうしてネットを使っていないまま、「パソコン苦手」な暮らしをしていたと思います。

そう思うと、恩人を亡くしたような寂寥感を味わっています。

天然石もパソコンも私の人生に+(プラス)をもたらしてくれたありがたい存在です。

 

 

ren

手相見歴30年以上、同じく天然石愛好家です。

シェアする