ヒーリング + (プラス)

最終更新日

私は、「手相」を見ることで相手をある意味癒しているのか?

「ヒーリング」というのは

「癒すこと」

ネットで検索するとたくさん探し当てられる情報である。

現在では「氣功」や「ヨガ」、「レイキ」などをいくばくかのお代を払って身につけられる。

占い師の延長にあるようなヒーラー養成講座もある。どれも数万円からの受講料が必要である。

とてもじゃないが今の私には支払えない。

(注)お金が無いという言葉は、自己暗示にかかるので、「手持ちが無い」と言い換えると運気の流れが変わってくるらしい。

師匠を見つけなさい。

昔、リーディングしてくれた人が言ってくれたけど、師匠も見つけられないまま。

ヒーラーの術に興味はあるけれど、他人を癒す前に自分を癒すことも叶わないまま現在に至る。

ところが

ある時、あることがご縁で知り合った方から、「ヒーラーになりませんか」と声をかけられて、

「欲の深い悪人」である私は、ヒーリングのテクニックを勉強させていただくことにした。

私にはヒーラーの素質がある?

とにかく長年の夢だったので、目の前に来たチャンスは逃すまい。

もちろん、こんな私であるから、巷にあるような養成講座で数万円もお支払いできるわけがない。

 

お支払いは、先様のご好意で天然石アイテムで良い、ということだったので、

ありがたいお話と受けさせてもらったのだった。

備忘録に載せている「ペンジュラム」がその代金だ。

 

まずは、疲れている自分をヒーリング。

その後は飼い猫、そのうち、手許に来た石たちにヒーリングして、パワフルになってもらいたい。

石がパワフルになれば、手にしてくださった方も、エネルギーに満ちて、幸せになるだろう。

 

世の中には、眼に見えることしか信じないという人がいるが、「氣」というものは存在することを否定する人は少ないだろう。

最近は、人間の脳波を感知して動作する電気製品も開発されている。

「氣」というのは、大切なのだ。

そのうち、ブログのタイトルが「ヒーリング+(プラス)」になっているかもしれない。

 

 

ren

手相見歴30年以上、同じく天然石愛好家です。

シェアする