石の数にもこだわりがある

最終更新日

パワープレート

写真は、氣、エネルギーを転写しているパワープレートです。

ブレスレットを浄化中。

譲り受けてから、あれもこれもと載せて、エネルギー充電中。

額に当てると、青い光がピカピカと見えます。イイ感じです。

 さて、記そう、記そうと思っていましたが、記していなかったことを思い出したので、この機会に。

私のもう一つのブログ「手相見+(plus)で閲覧数の多い記事のひとつに転換期 2010年7月11日付け「数字の暗号」という本についての記事があります。

 もし、この世に数字の概念が存在しなかったら…。文明の発展は数字、数えることなくしては、ありえません。古代バビロニアで発展した「数の神秘」を研究するための学問「数秘学」はギリシャの哲学者ピタゴラスが体系立てたといわれています。

 或る数学者が言いました。この世の全ては数字で表すことができる。と。

いつのころからか、私もブレスレットに使用する石の数にもこだわっています。

1 は唯一の存在、「絶対」を現し。

2 は二つの関係性を持つ「相対」

3 は方向性を生み出す「発展」

4 は4つの柱 「安定」

5 は動きを生み出す「変化」

6 は陽と陰のバランスを表す「調和」

7 は大いなる変革「飛躍」

8 は物質性と精神性のバランスで 「秩序」

9 は全てを結実させる 「完結」

10 は全てを含む 「完全」

これに、前出の数字の暗号の意味を加えて配列を考えています。

どの石をどの数で配置するか。

それは、結局、頭で考えるより、石を手にとってから「しっくりくる」配列へと

導かれる感じです。

それが輪になって、結び、エネルギーとなり、身につける人に働きかけるのです。

石は持ち主の意識を忠実に読み取ります。

石を身につけるときは、その石のエネルギーを信頼してください。

 「あんなに、大好きだったのに…」

最近、身につけることに気がすすまない、忘れる、という場合は、あなた自身が次のステップにさしかかっているのかもしれません。

 石のエネルギーが「お疲れモード」で波長が合わなくなっている場合も。

人間も、石も変化します。

ゴムやワイヤーが切れてしまうのは、そういう場合が多いのです。

新しい石を加えたり、外したりして、ブレスレットとしてではなく、別のアイテムとして再生させることも

可能です。

 たとえ引き出しの中に眠ったままであっても、石は人間に仇をなすことはしません。

はるかに長い年月を、存在してきたのです。寛容です。

部屋のオブジェとして飾ったりしても、十分、石は喜びます。

 石をモノとしてではなく、友として扱ってくださると、ちょっと違う世界が見えてくると思います。

ren

シェアする