見えるもの、見えないもの

最終更新日

目の前にある、ひとつの物体。あるものは「良いものだ」と言い、あるものは「悪いものだ」と思う。

目の前に見えている存在が、あなたにとっては「腹の立つ」ものだとしても、別の人にとっては「大切な」ものだったりする。

 私から見て、「いいこと」があなたの眼から見て「とってもよくないこと」だったり。

手相見をしていてもそれは、ことあることに感じる。

ある一場面を見て、個人が抱く感情が別々なことを考えると、ある神秘家が語った「この世は幻である」という言葉を思い出す。

 私は宗教家でもないし、信者でもないが、聖書からの言葉で好きな言葉がふたつある。

それは、

「求めよ、されば与えられん」

 「復讐するは我にあり」

「求めよ…」というのは欲しいものは、欲しい!!と思わなければ、受け入れることはできない。

(別の意味があるかもしれないが、文面だけで好きな言葉だと言える)

復讐するは …は、なにも自分で復讐しなさい、ではなくて、

「復讐をするのは我(神)であるから、あなたがすることはない」という意味だと聞いてから好きになった言葉だ。

もしこの世が、同じ感性、同じ価値観の人間だけ存在したならば、どうだろう。

想像するに、平和は平和かもしれないが、発展も刺激も無い、調和の世界が地平線の彼方まで続いている…。

やがては、静かな終焉を迎えるのではないか。

 同じ存在を見て、違う思考を抱く。

人間は、だからこそ、互いに妥協し、許しあい、切磋琢磨して、発展してきたのだ。

あなたの考えは、私とは合わない。

でもあなたの存在は否定しない。

ちょっと接し方を工夫しよう。とか思ったり。

 

そう思えば、職場の人間関係も、困った人との関係も「許せないわ」「ムカつく」ということも

ちょっと緩~く、許せるのではないか。

自分の視界(世界)からフレームアウトさせる。

 

…とまぁ、言うだけ(書くだけ?)言ってみるものの

自分でできるか、と言えば、一歩進んで二歩下がるわけで。

開運グッズも試してみるわけです。

開運したい、幸せになりたい!!と思うのは、不運が続いた時が多いのではないだろうか。

思いたったときが吉日。

 

 

ren

手相見歴30年以上、同じく天然石愛好家です。

シェアする