未来を観る代償

最終更新日

111021_113253

昔、私が手相見を直感で見ていることについて、ある人に諭されたことがある。

「本来、未来を観る目は閉ざされているべきなのですが、それに反して、観るということは、それなりの代償を払わなくてはならない場合があります」

言われた直後はよくわからなかった。私は頼まれて見ているのだし、必要とされているから観ている。それ以外なにものでもなかったからだ。

手相を有料で見るということは、他人様の人生を自分の目で見るということだ。秘密や苦しみを共有しないと、見通すことができない。

誰にも言えない事情と、苦しみ。それを糧として、人生の一部を切り取って読むのだ。

その流れが、禁を犯すことになるのなら、贖わなければならない。

私の場合は、それは自らの病であると思っている。

周りを見るに、他人の人生を見ている人間に、健康で、人生が順調で、幸福百点満点 という存在はいないのではないかと思っている。

私のような、健康体ではなくて、家庭もなくて、それしか他人に役にたてないのであれば、手相見をツールにして、受け入れるのは、ある程度覚悟の上だ。

そうでない場合は、気軽に足を踏み入れる領域ではないとも考えている。

断っておくが、あくまでも これは私の個人的な考えである。

ただひとつ確実に言えるのは

他人の人生を観る代償は、あらゆる形で求められる。

それは自分の体、家族の健康、あるいは経済的な損失なのかもしれない。

他人様の人生を観ることは、ある意味、恐ろしいが

その先に喜びが待っているのであれば、嬉しい。

正直、私は覚悟を決めている、とは言い切れないかもしれない。

今でも深刻な相談を受けて、その行方を読んで伝えるとき、怖い。

私の告げる言葉で、依頼主は、行動する。

行動した先には何人もの人生が関わっている。

その先に存在する人に、恨みを買うこともあるだろうし、責められることもないとも言えない。

私は、いつも「運のいい人とご縁ができますように」と背後霊にお願いしている。

そのおかげか今まで、深刻なトラブルに巻き込まれたことがない。

けれど、その代償は自分の病という形で払っていると思っている。

「お客様は神様である」という有名な文言があるが

客が神様で何をしても良い、という意味ではなくて、

お客を神様だと(大切に)思って という意味だと聞いたことがある。

もし、私が健康体で、金銭的に恵まれていて、順風満帆であったなら

手相見をしていたか、と問われれば、多分していないだろう。

私にとって、他人の人生を観るということは、これはもう「不思議な世界から」の縁(えにし)以外

なにものでもないから。

もし、自分もヒーラーになりたい、占い師になりたい、と思う方がいらっしゃったら

今はたくさん、養成講座もあり、本も出ているし、もちろん私のように独学で

氣がついたら手相を見ていた、って場合もあるだろうが、

趣味で見ているほうがどんなに気楽かは、推して知るべし。

私も趣味で見ているときは、楽しかった。

無料だと責任もないと言えないが、良い事だけ言っておいても許される。

 

他人の未来を観るって言うのは、それなりに覚悟も必要だと。

まだまだ未熟な私はそう思う。

 

ren

手相見歴30年以上、同じく天然石愛好家です。

シェアする