浄化の波

最終更新日

crystal rainbow

この数年、風邪らしい風邪をひいていなかった。以前はよくひいていたので、「珍しいこともあるな。この次風邪をひいたら、運気の切り替わりの時だろうな」となんとなく思っていた。

今度の風邪は喉からきた!バイト先の仕事が日程で決まっているので休めない。市販薬を飲みながら出勤した。熱も出たが、夜に出て、朝になると平熱に戻る。不思議な熱の出方で、今までの風邪とは勝手が違うと思っていた。1週間くらいで治るか、10日で治るか、二週間でも、どうも本調子にならない。幸い、手相見の依頼は月末に集中していたので、気楽に構えていたら、もう月末に突入。

こじらせてしまったか…少々焦る。と、今日夢を見た。…私は入院していた。明日は退院だ、と空になった注射器をぼんやり眺めている。

空になった注射器は、薬で満たされていたのを前日(夢の中での、だが)確認していた。退院は、現在の運気に対して浄化完了、という意味やね。

このところ、重たい内容の相談を続けて受けたから、相手の負のエネルギーを引き受けてしまったのではないか、と心配してくれた人もいた。当たらずとも遠からずかもしれない。

この一週間は不思議な夢を見ていたが、全て身体にかかわる内容だった。実際の体調云々というよりも、魂の治療完了ってことだろうなぁ。

そうしたら、私の作った天然石のアイテムを購入してくださった方から、連絡があった。別々の日に購入し、別々の方に贈ったアイテムが、同日に消えた、というではないか。私の作ったものは、消えるときは別々の方々の手元から、数日を前後して消えることが多い。たいてい不安です、という連絡がくるが、それは「運気の切り替わりの証」であると告げている。運を失ったわけではない。運を運ぶことを妨害している厄を持って離していくのだろうと思う。お金を払った石が手元から消えるのは悲しいことだろう。納得がいかないかもしれない。石は大地からの預かり物であるから、別の見方をすると、厄祓いが石で済んで良かったではないか!厄祓いではない場合は、石は石を呼んでくる。次の石と縁ができることが多い。「同じのを作ってください」と依頼されることも多いが、石との出会いは一期一会。石が消えたときから、必要なエネルギー(石)は変わっているのだ。新しい石が、出会いを待っている。

私も、手元から石が消える時期と集まってくる時期があると感じている。今は、集まってくる時期だと思う。それも意識的に見ているせいか、虹入りの石が多くなっている。虹を見るためには雨上がりでなければならない。

数日、石が消えたという連絡が続いたので、気になる依頼主に「調子はいかが」というメールを複数送ったのだが、不思議なことに皆「メールが届きません」とエラーで戻ってきている。

ブレスレットを依頼されて1年以上の方、ストラップを購入された方、念のため、金具など確認してくださいませ!!

そういう時期なんですね。

 

ren

手相見歴30年以上、同じく天然石愛好家です。

シェアする