北枕にしてみたら

最終更新日

北枕、続行中です。そんなわけで、今日はちょっとオカルト寄りの話をば。

北枕にして寝ていると毎日不思議なことがあるのです。風水では運気が良いとされていますが、磁力の関係ですかね。いろいろありますが、(今のところ)恐怖は感じません。ちょっと慣れてきました。

それがですね…最近、生霊が来ているな、と感じています。

生霊が厄介なのは、飛ばしている本人に自覚が無いところ。幽霊と違って速攻で祓えないところでしょうか。あ、この生霊と思われる存在は、相談に乗った友人のモノとは違います。別口だと思います。

簡単なものは神社の境内に出かけたり、香りで防御しますが、眠っている間に来ているのは、防ぎきれていないかもしれません。私の波長が下がっているだろうと思います。

思い当たる節があることはあるのです。先日、友人の悩み事に、ついつい親身になりすぎたこと。反省しています。直接会っていたら、疎遠にされちゃうだろうな、って思うくらいメールで、熱く訴えてしまいました。

親身なアドバイスは、親身になりすぎるのも禁物ですね。本人が心から「変わりたい」と切望しなければ、相手にとっては ただ鬱陶しいだけですから。相手は「煉ちゃん、すごいね!煉ちゃんはえらいね」と返信してくれますが、ほめ言葉が欲しいわけではなくて、相手の姿勢というか、考え方の癖に「違うだろう!」ともっと都合の良い考え方をすれば、とか。悪いほうに行きそうな考えを、力技で都合の良い考えに持ってくるのが必要な時もあるんです。

ああ、相手から望まれていれば、語るということで見料をいただいて相談を受けているのに。

手相見をするようになって、依頼主との間に金銭と時間が生じるようになって、必要以上に立ち入ることはなくなりましたけど。

友人にはついつい。

昔、バイト先の後輩に「煉さんのメールアドレスを教えてくださいよ~」と言われて「これ以上、メル友を増やす氣が無いから!」とお断りしたことがあります。

昔から、特定の某タイプの同性に好かれる(押される)という傾向があったような。

「煉ちゃんは、”引き”が強いのかな」と第三者に言われたことがあります。

残念ながら異性にはモテナイのですが…。

別の人ですが、まだ手相見が無料でしていたころ、入院を控えた前日に、携帯電話に何度も着信があったことが。その方はちょっと不思議な力のある方で、職場のことで悩まれているようでしたが、私にはじっくり聞く余裕も無かったので、電話には出ませんでした。何か見えたことを言われても怖かったので。

私は自分の直感を信じているので、深いところで「合わない」と思った相手とは深くお付き合いできません。

でも、不思議と、会うべき人には、あちこちで会っちゃうんですね。行きつけのお店や道端で。普段なら会わないだろう!という絶妙なタイミングで、です。不思議な縁を感じます。

手相見をすることで、不快な思いをしたりすると、すぐに忘れるようにしています。でも忘れたころに、なんらかの「引き」があると、いいかげんにして欲しいと思う反面、意味があるのでは?とも思います。

大天使ミカエル オラクルカードを引いて、”ご神託”をうかがったところ

「防御」を示すカードが出てきたので、これは私の防御力をアップさせる鍛錬だと(無理やり?)思うことにしました。

今度は、霊符の御札の書き方を勉強したいと思います。

メインの手相見からどんどん離れていくような。

 

 

ren

手相見歴30年以上、同じく天然石愛好家です。

シェアする