お直しに関する話

最終更新日

私の作ったものを大切にしてくださる方が多い。

ワイヤーが切れた、部材が壊れたなど、そのつど「直して欲しい」と言ってくださると、石を大切に思っていてくださるのだと、感謝する。

不思議なことに、同じ時期に、同じワイヤー部材を使用して作っているのに、切れない人は何年も切れないし、切れる人は、作り直しても、また切れる。

数度にわたって、修理を依頼されることも珍しくない。

手元に届いて数日で、紛失したりする場合もあるようだ。

私が作ったものではないが、「壊れるとすぐに捨ててしまう」という人がいて、「それはやめて。もう使わないのなら、埋めるとか川や海に還してほしい」と伝えたことがある。

「パワーストーンのパワーなんて信じない、石になんて頼ってどうするの」

なんて言う人がいるが、確かに石は直接、力を発揮するのではなく、その美しさで人の視覚に訴え、また人智の及ばぬところで働きかける存在だと信じている。

信じる人が信じればいいし、富氣を得て、誓いを自分自身で認識するために身に着けるのも良いと思う。

石は願いを叶えるという目的で選ぶ以上、その石であれば良いというわけでない。

願い事が難易度が高く、成就するまで時間がかかるものならば、それなりの品質でなければならないと思う。

とはいえ、高ければ良いってモノでもないらしい。

そこが難しいところで、数千円の石に、あれもこれもと願い事を託すよりは、まずはこの願い事、叶ったら、ちょっと高価な石を加えて、という工夫が必要なのかもしれないと、最近思うようになってきた。

石は石を呼ぶという。

「この願いが叶ったら、仲間を増やしてあげる」という石との約束が、石と付き合う時は必要なのだ。

写真は、修理にお預かりした天然石ビーズの穴を掃除するとき、私は「歯間ブラシSSサイズ」を使用しています。ワイヤーを通して溜まった穴の汚れなど、綺麗になります。

お預かりした石は一晩、浄化函(専用の箱に水晶のさざれ石を敷いている)にしまって休ませ、汚れの目立つ石は磨いてます。

 誰かから、いただいた、別のところで購入したお品等、直せないかなぁと思う一品があればとりあえず、ご連絡ください。ご相談には応じます。

ruby☆kurenoren.net

☆は@マークに変えてください。

s.parentNode.insertBefore(atag, s); })();

ren

シェアする