時間と情報量

最終更新日

写真は、現在練習中というか手をつけている、ワイヤーのチェーンメイルで作ったチェーン。紐やワイヤーニッティングなど試してみるが挫折も早い私。

最近、テレビでは歴史の流れをワイドショー化で紹介する番組が増えている。私が中学生や高校生だった頃にこういう番組があれば、興味の持ち方も違って進路にも影響を受けただろうと思う。

江戸時代は300年近く続いたが、300年間、変わらない江戸時代だったろうと思う。どういうことかというと、現代から思うに明治時代は100年ちょっと前であるが、その頃に比べると人間が接する情報量が格段に違うのは、皆さん御存知のとおり。

数年前の昼ドラマを再放送で見るだけでも、このパソコンのディスプレイはブラウン管だから○年前、液晶だから古くないドラマ、携帯電話のデザインで、何年前のドラマ 等々、一画面で推察できてしまうのだ。

十数年前には携帯電話も普及していなかった、とか液晶がカラーじゃなかったとか。

パソコンが一般的ではなかったとか。

この十数年のIT関連の進歩の速さを考えると、江戸時代の100年と、現代の100年という時間の密度というか速さが違うのは明確だ。

いや~、20年前が舞台のドラマを作ろうと思うと、もう時代劇並みの時代考証が必要なんだ!!

大昔、人は自分の感知する世界が全て。自分の周りの情報だけが全てであったが、今は、テレビで書籍でインターネットで、多くの人の人生や情報を共有できる時代。ある意味何十人分の知識を得ることができる時代。

情報が多くて、助かる分、選択肢が多くて迷いも多い。

これから未来を想像するに、100年後の世界を読むことは難しい。

100年後、昨日の常識は今日の非常識、昔は○○だったけど、今は違う…。時間の速度が速くなっている。

 

ren

手相見歴30年以上、同じく天然石愛好家です。

シェアする