さようなら 土星

最終更新日

今年の10月6日には、およそ3年弱、てんびん座に滞在した試練と成長の星、土星がさそり座に移動しました。心機一転、やる気がでるかと思ったら、猛烈な睡魔に襲われて、寝てばかりいます。星の動きが、人間の運勢に影響を与えていると思うのは懐疑的ですか。でも遠く離れた太陽の重力の影響を受けて地球があるように、各星の重力が、なんらかの影響を与えているのでは と思うようになったのは、人間の体を構成する原子も、遠い昔は星のかけらだったと知ってからです。

今度、土星がてんびん座に廻ってくるのは30年後。それまでは生きていないだろうから、やれやれという気分です。

これからの未来をイメージする時期に入りましたが、正直、なにをイメージするかは、まだ良くわかってません。でも私はひとつに集中するということは、不得手な人間らしいです。

占星術でも、労働の室に星が集中していて、そのわりに金運の室には星が一個もない、ということから明白でした。

今までどおり、あちこち手をかけながら、やっていくのが一番、合っているのだそう。

これって、器用貧乏(器用じゃないけど)、貧乏暇なし、な人生は変わらないってことですか。

さそり座の皆様、これから2年半、土星の影響を受けるという星周りですが、土星は試練と成長を意味する星です。

迎え撃って成長してください。



 

ren

手相見歴30年以上、同じく天然石愛好家です。

シェアする