不思議の出会いは蟲(むし)

最終更新日


「蟲師(むしし)」という漫画作品を御存知だろうか。アニメ化と実写映画化もされた名作である。当初、私は背表紙のタイトルから「虫がいっぱい出る作品ではないか」と長い間、横目で通り過ぎていた。

昆虫の虫ではなくて子供の夜泣きに使用する宇津救命丸で例えられる「カンのムシ」を御存知だろうか。

他にも「腹のムシが治まらない」、とか「あいつはムシが好かない」、「ムシの居所が悪い」などと使われる、目には見えないけれど、人間に作用する不思議な存在のことだ。

私の母の祖母、私から見ると曾祖母が、この「カンのムシ」を子供から追い出す呪(まじな)いができたらしい。墨に塩を加えて、手のひらに呪文を書き、気合一喝、「えいっ」っと声をかければ、手の指の爪の間からニョロニョロと細く白い糸が出てくるという。そしてたくさん出た子供の夜泣きは治まると言う。

昔、ある学者が調べたけれど、詳しいことは解らなかったと言う話を、「ふしぎふしぎ雑学事典」(毎日新聞社刊行 1978年 絶版) で読んだことがある。

このカンのムシの呪文は、曾祖母から引き継いで、母が18歳の頃、自分や弟の手に施し、カンのムシをたくさん出した、という話を聞いて私は育った。思えば不思議との出会いはそれが最初だった。

母は、数十年前に身に着けた呪(まじな)いをすっかり忘れてしまって、今はできないというので、私は施されたことがない。「蟲師」の映画化のさい、この話を友人にしたところ、友人の祖母が同じように、まじないをかけ、歯痛のとき、ムシを耳から出したことがある、と語ってくれた。

ムシはその絵が、現在に伝わるほど、たくさん存在したらしいが、今はどうなのだろう。灯りが街に満ちるようになって、闇が消えてから「不思議な存在は」目に映らなくなった。

次に、早世した叔父が、怪談の名手であったことが、私を不思議な話に対する道しるべとなった氣がしている。

怖い話が好きなのは、心の闇を見ることができるからなのか。

なぜ、今頃になってまた「蟲」の話を思い出したかというと、昨晩、パソコンの前にいると、左耳に人の吐息の音を聞いたからだ。

左側は、壁しかないのだが。脳の誤作動かもしれない。

昔の人はそういう、「割り切れないもの」「不思議なこと」を「蟲」とたとえて表現していたのではないか、と思い当たったからだ。

蟲とは人の感情であり、念かもしれない。

しかし、母は実際、まじないで「カンのムシ」を出してみせた。

今は科学万能だ、と声高に話す人は少なくなったと思う。

科学の解明できていないものが存在する。

その最たるものは、人間の心だ。

10年前に、液晶は白黒で、現在はカラーである。科学の進歩は目覚しいが、人の心は数千年の間に進化したとは思えない。心理学で理解はできても、制御は難しい。

理屈でわかっていても、職場の人間関係、嫌な仕事を続けているとストレスで体を壊してしまう。

不思議は、人の心の中にも多くある。

ren

手相見歴30年以上、同じく天然石愛好家です。

シェアする