モリオンの取り扱い

最終更新日

130827morion-wire01
130827morion-wire01

先日、黒水晶 -モリオン-を購入してくださった方から感想を頂戴した。

黒水晶のチャームを買って、ギャンブルをしたところ、「えっらい負けた」という。

その後、もう一度、挑戦したところ、「負けた分取り戻したよ」。

そうだ、モリオンのキーワードは「破邪好転」。困ったとき、災いを良い方向に導くことに力を発揮する。つまり、取り立てて困ったことがないときにモリオンを手にすると、いったん、毒出し という運を導いてから、開運に働きかけるのだ。

困ったときに、手にすれば、すぐに力を発揮してくれるが、とりたてて困っていないときに手にすると、パワーを発揮する前に、まず「毒出し」してから働きかけてくるらしいのだ。運気はいったん下がって見えて、それから上げに転ずる。他の石でも、そういう作用が少なからずあるのだが、黒水晶はその出方が激しいようだ。毒出しというのは、お金を得ようとすると、お金が、運気を上げるために石を手にすると、いっとき運が下がったように感じさせることだ。そういう意味で言うならば、石に限らず、開運グッズを手にするときは、いったん、運氣が下がることを予定していなければならない。

ということは、運がうんと下がったときに開運グッズを手にするよりも、運が良いときに開運グッズを手にしていたほうがダメージが少ないと言える。

運が下がっているとき、開運グッズを手にしても、「上がった」という実感は少ないかもしれない。運が良いときに手にしてもそれは同じだが、上がり幅を実感するには、運の良いときに開運グッズを手に入れるほうが、良いんである。

でも運が落ちたときに、開運グッズに目が行くのが人情と言うもの。劇的な開運を狙うなら、その前にある毒出し を覚悟していれば、開運の波を掴むのはたやすいだろう。

とくに黒水晶、モリオンは頼りになる石だから、どん底の時に手にするよりは、上がり調子のときに手にしたほうが、よりパワーを発現させるんだ~と思いあたったのでした。

 

上がり幅なんて、氣にしない。これ以上下がらないように、と手にするのも良いのであるが、石を買っても変わらない~と思うのはちょっと早い。即効性がないかもしれないが、タイムラグがあって、石の力は作用する。それだけは覚えておいて欲しい。



ren

シェアする