最終更新日

今回は2点、いずれも以前のブレスレットを組み直ししたものです。

No.269
No.269

 ブレスレットを作り始めた頃の品、持ち主の方が愛してくれて、ゴムは切れたことがなかったのですが、働きすぎてエネルギーが停滞しているようだったので、天然石シトリンの部分を宝石質に分類される上質のシトリンとレモンクォーツと交換してみました。同じ黄色でも、色味の方向が違うのが解っていただけると思います。

No.270
No.270

 

シンプルなマダガスカル産ローズクォーツのブレスレットに、薔薇の彫刻をポイントとして追加しました。

透明感が際立つ美しさの目立ちすぎない桜色のシンプルなのも良いですが、薔薇彫刻をポイントにすると、さらに女性らしさが加わり、柔らかな印象を受けます。

ローズクォーツは、太陽の光のもと色あせたり、持ち主の波動の影響で色が抜けたりすることが多い石です。メンテナンスが大事な石ではありますが、今回 持ち主との相性が良いようで、色も抜けず、曇らず、光を維持していたのが印象に残りました。

薔薇モチーフは女性にとって相性の良い形であり招福アイテムです。

ren

シェアする