職業欄は×××

最終更新日

今更だが、私は、いろいろと仕事を掛け持ちして暮らしている身。メインのバイト中心に、単発の仕事を請けて暮らしている。手相見も天然石も趣味の延長ではあるが、そのうちのひとつ。

体の調子に加え年齢の関係で、正社員の採用は叶わない。世の中、新卒の子も苦戦するほど厳しいのだ。

フルタイム働きたいところだが、地域がら雇用側は短時間中心の募集が多い。

この春、短時間のバイトをひとつ増やそう!と思いたち、履歴書を書き、応募した。面接も途中までは良い感じであるが、続けて不採用通知を受け取った。

バイトの声はかけていただくことが多いが、自分から応募したバイトに対しては即採用されたことは少ない。

先日、スーパーの早朝品出しのバイトに応募したところ、適性検査を2つして、その後面接があり、1時間以上拘束されたが、不採用。お茶も出なかったうえに今のメインのバイトを辞めないと、難しそうな話だった。

それと、氣になったのは適性検査のときの消しゴムが、古くて劣化しており、消せない消しゴムだったのが印象的。あの古さはびっくり。消しゴムが使えないのは参った。

これからも気長にバイトを探すことにしているが、私の場合 職業欄はすでに「手相見」を本業のつもりで居たほうが良いと、ある方から言われていた。

しかし、職業は、と尋ねられて「手相見」と答えられるほどには、稼げていない。

手相見 よりも情報サービス業?のほうが相手には印象が良いかも。

開運探査人を英訳してみたり、運気ナビゲーター等 いろいろクリエィティブな造語を思案したがまとまらず。

ハイパーライフクリエーター とか?(苦笑)

職業欄は 占い師? 占いしている氣はないのだが。

「煉さん、占いするんですってね」と言われることも増えているが

職業欄は 自称 自由業 ということにしておこう。

背後霊はわかっていらっしゃる。私が「安定」を手にしたら「手相見」も「天然石」も、他人様にも関わらなくなることを。

昔は、不採用=世間に受け入れられない、世の中から必要とされていない と思って落ち込んだけれど、いいかげん今は

天の思し召しと受け入れることにした。

春は人事異動の季節である。数ヶ月前には係長だった人が、昇進して課長になり数ヶ月を経ると、歩き方から、話し方まで、それなりに洗練されてくるのを見ていると、地位が人を作るのだと実感した。そうなると、自分で自分の地位を決めてもいいのではないか。心理学でも振舞い方から入ると、それらしくなっていくということを聞いた。

私に必要なのは、「普通の人」の、ではなくて、「普通ではない人」の、オーラかもしれない。

今回、天然石関連で、自分史上最高額 単価の石 ゴールドルチルクォーツを仕入れたことで、ちょっと度胸がついたと思う。

 



 

ren

手相見歴30年以上、同じく天然石愛好家です。

シェアする