桜が咲きました

最終更新日

久しぶりに、晴れて、気温も上昇。公園の桜も満開で見ごろとなった。桜の色は、見る人を幸福にしてくれる色だと思う。

桜の花びらを、樹脂に封じてみると綺麗なペンダントにできるかも。

芝生にはタンポポが黄色い絨毯のよう。

そして、本日は満月。ウエサク祭り。天と地のエネルギーが繋がる日である。石の浄化や瞑想に良い日だそうだ。

私は今まで、手相見が本業で、天然石は副業のような位置で考えていたが、現在、忙しいのが天然石関係。手相が副業のようになっている。

以前、ある方に、「手相見が本当の仕事です」と言われている。

実際、天然石では利益は出ていない。収支を計算しても、依頼を受けて石をたくさん購入していても、代金はすぐに次の石を仕入れるためにまわしている。循環はしているけど、余ってこない。

で、石の在庫は、できる限り持たないようにしている。

採算を考えてしまうと、うまく回らないのが正直なところ。ほとほと商才がないのだと思う。

先日、夢で、水槽に入りきらない白い魚が出てきた。

大きな白い魚は、私のところに来ている金運と思われる。

でも 水槽=私の器には入りきらない。

水槽の中には並みサイズの金魚が2匹=いずれも手相と天然石を表しているのだろう。

ビッグウェーブ(白い大きな魚)が来ているのに、私の器は対応し切れていない。今こそ、意識の変換が必要な時だと夢は告げているのだ。

思っていたところ、譲り受けた宝石関連の書籍の中に、「宝石商入門」のコラムを見つけた。書籍は今から30年以上前に出版されたものだった。

私は宝石商ではないが、他人様からお金を預かって石を購入している。商いの才には疎いので、どこに気をつけたらよいかという点で、勉強になった。

30年前は、石よりもガラス細工に興味があった頃。手相を誰彼かまわず、見始めた頃だ。

あの頃の自分を思い返すに、今自分が他人様から望まれて手相を見ていたり、宝石ではないけれど天然石でモノを作っているとは、微塵にも思っていなかったな。

書籍を頂戴したのは数年前であるが、アンテナを貼っていないと気がつかないことが多いと痛感する。

手相を見ることも、天然石のアイテムを傍に置くということも、根本では同じと言える。

他力ではなくて、自分で自分の幸福を見つけに行く。

天然石のアイテムが、直接働きかけるわけではなくて、目にすることで自分の意識が変わる、それで、思考や行動が少しずつ変わって、やがて運勢を変えていくことに通じるのだ。占いにも石のパワーに全面的に頼り過ぎないで、うまく支えあって、次の展開が見えてくる。そのことに気づいた人が、天然石のパワーをうまく引き出せるのではないか。

私は以前、私にブレスレットを依頼してくださった方から、「もう石には頼らない。今は石にお金は使えない。もったいないでしょ」と言われたことがある。石は彼女にパワーを貸してくれなかったのだ、と思った。正直なところ、ブレスレットには利益はつけておらず、彼女の希望予算で、力のある石を探し回った手間も時間も、加えていなかった。私は自分の力の及ばなかったことに落胆した。

でも、それは違うと気がついた。思うに、彼女は石の力に依存しすぎて自分の力を出さなかった。だから”何も”変わらなかったのだ。私は、自分の非力さを感じましたが、それは石に対して失礼だったに違いない。落ち込むなんて、何様だ。私は通りすがりの手相見で、なんの力も無い存在。石の価値を正当に評価していなかったのだ。私は私の時間も手間も評価していなかった。それは、一見、良いことのように見えますが、依頼主にも石にも良くないことだった。良かれと思っていたのは、私の自己満足だったにすぎないのだ。

実際、ブレスレットの値段を希望通りにしようと思っていて、思うところがズレていた、良いことでは無かったのだと、気がついた。

実際、値段で、ものの扱いを変える人もいる。

でも、私の作ったものは石の選ぶ手間も時間も、プライスレス。それには価格ではなくて、願いがこめられている。

手相見の時間も定まっていないのも、同様だ。

今まで、多くのアイテムを作成しているが、ふと、ワイヤーやゴムが切れたであろう石たち、海や山で消えた石たちに思いをはせるときがある。

私の手を通して渡った石には、「石との約束」が生きている。ワイヤーが切れたり、壊れた石たちは、私の元に修復を依頼されなくてもかまわないが、縁あって手元に来た存在として、氣にかけて欲しいと願っている。



ren

手相見歴30年以上、同じく天然石愛好家です。

シェアする