運の良い人の手相とは

最終更新日

写真は友人が撮影した25日の虹です。お許しいただいたので、ブログに載せました。当日、お知らせをメールで戴いてすぐ空を見上げたのですが、私の目には映らなかったです。

この虹ですが、普段の出方と違いました。雨上がりではなくて昼間に空の上の部分にかかっていますね。始めて見ました。

写真を見て、天変地異の前触れかも!と調べたところ、虹にも様々な見え方があることがわかりました。氣になる方は「虹の種類」をキーワードで検索してみてください。

検索といえば、このブログで検索のキーワードで多いのが「運の良い人の手相」というのがあります。運の良い人の手相というのは、各線がはっきりしていて、切れ目が少ないもの。運気の流れを年齢的に判断するので、細かい部分はブログで申し上げることはできませんが、横線が少なくて、縦線が多いことがポイントの一つです。

細かい線がないこと、これも重要です。

細かい横線がある人は、神経が細い人、過敏な人に見られます。

私の亡父の手相は、それこそ、単純な線でくっきりと刻まれ、唯我独尊の手相でした。それこそ、悩みを示す線もなし。父が体調を崩し、受診の順番待ちの病院の部屋で、運気(実は寿命かどうか)を判断するために見ました。

ある意味とても運の良い人だと見えました。

それは私から見た運気の流れでしたが、当人は当人なりに「自分はツイテいない」「不幸だ」と思っていたようです。

亡父は病弱でしたが、良い医師に出会い、良い兄弟、同僚たちに恵まれ、(家族はどうかな)ある意味、幸運であったと思います。

父を見ていると、幸せも不幸も、視点を変えるとがらりと変わって見える不思議なものだと思います。

絶対的な不幸、絶対的な幸福、というのは他人が判断することではなくて、自分自身で決めるのです。

他人の視点で自分の幸、不幸を判断しないことが近道です。

運が良い、と自分自身で信じられる人こそが幸せです。

運の良い人というのは、自分を信じられる人 と言えるのかもしれません。

そこが一番難しいから、手相見で客観的に見ることが求められるのだろうと思います。

s.parentNode.insertBefore(atag, s); })();

ren

手相見歴30年以上、同じく天然石愛好家です。

シェアする