掴みはOK?

最終更新日

すみません、ちょっと天然石関係の作業が忙しいので、手相見は休業状態です。

天然石関連の仕事で嬉しいのは、依頼者の方が皆様、口を揃えて「急ぎません」「暇なときで良いです」と申し出てくださることです。なんと寛容な依頼者の皆様に恵まれていることか。ありがたいです。

正直に言うと、大まかでも希望を言ってくださるほうが、作業としては計画が立てやすいので、皆様、大雑把でもよろしいので目安として、いついつまでぐらいと、「来月中」「遅くとも○月までくらい」等々お知らせください。

運は運ばれてくるもの、とは言いますが、掴みに行く勢いというものも必要だと思うのです。とくに、開運アイテムは「いつでもいいです」と言ってくださっていると、現在のように依頼が続いたり、合間に修理、手相見など飛び込んで参りますと、ズルズル後ろに回されてしまうかも、かもです。

運を掴みに行く積極的な気持ちが必要です。

比較的に「早いですね~」と言われることが多い出来上がりですが、それは、依頼者のお気持ちが変わらないうちに、という考えもあります。それ以上に、頭上から降ってきたモノが消えないうちに作る、からでもあります。

依頼者に必要な存在を欲する、今、がその時だからです。

モノを作るとき、その人の魂は異次元につながっていると思っています。

 

皆様のお気遣いには深く感謝しつつも、目安として締め切りがあると、作業の見通しが立ちやすいのです。

ただし、今日の依頼で3日の納品…というのは、石の在庫があれば応じられますが、最短納品のめやすは1週間以降にしてくださいませ。

 

よろしくお願いします。



 

ren

手相見歴30年以上、同じく天然石愛好家です。

シェアする